ハルシオンのMTGブログ

MTGシングルカード通販ショップ「ハルシオン」のブログです。 http://mtg-halcyon.com/

タグ:偽造

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今回はミラージュのカードについてちょっとした豆知識です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ミラージュは複数の印刷工場でまたがって刷られたため、
紙質等が異なっている
カードが多いようです。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
私自身ミラージュのカードは紙質などが異なるものが比較的多く見られ
検品には多大な時間を要していました。
何か原因が無いかと探していたところ、海外サイトでこの情報を発見しました。

MTGは最初、カルタ・ムンディ社のベルギー工場で製造されていたのですが、
その後、MTGがヒットし、恐らく輸送コストや時間削減のために
テキサス州ダラスに開設された同社の工場に移ったようです。

そして、ダラスの工場で刷られた最初のエキスパンションがミラージュでした。
最初ダラスで刷られたカードの品質には
・コーナーの丸みが異なる
・カードの耐水性に劣っている
等いくつか相違があり、それ以前にもベルギーミラージュは刷られていた為、
品質が異なる問題が生じたようです。

また、90年代の半ば頃にシェパード・プールマン社という会社と印刷契約を結んでいたという
情報がありました。
このあたりは2社で印刷されていたのか、一時的にシェパード・プールマン社と契約していたのか
よく分かりませんが、M:TG Archiveに下記の内容が記載されておりました。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
シェパード・プールマン・コミュニケーションズ社はインディアナ州インディアナポリスのある大規模商業印刷会社だった。
1990年代半ば、シェパード・プールマン社はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社とマジック用カード印刷の契約を結んだ。
シェパード・プールマン社は、第4版の中国語版を印刷し、さらに米国での販売を目的としてミラージュの一部を提供した。
同社が印刷したカードが入ったボックスには「Printed in USA by Shepard Poorman Corp(=シェパード・プールマン社により米国で印刷)」と印刷されている。
シェパード・プールマン社が印刷するカードの品質は批判にさらされてきた。
そのいくつかは、カルタ・ムンディ社印刷のカードと比較した問題点を報じている。
その問題点とは
同社のカードはインクが早く色褪せる、
配色が異なる、コーナーの丸みが異なる、
粉状の物質が付着している、
匂いがきつい
等々であるが、特に新品に青色の大きな「シミ」のような誤印刷が見られることで挙げられる。
シェパード・プールマン社印刷のカードの別の大きな特徴は、カードの表と裏の間の黒い接着剤の層にある。(カルタ・ムンディ社は青い接着剤を使用している。)
黒い接着剤の層は水溶性であるため、カードの耐水性に劣っている。
報道の中には、カードは、より「薄い」ような感じがするというものもある。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こちらに関しては更に詳しく調べて、可能であれば
画像付などで紹介できればと思っておりますので、また情報が入った際は投稿しますね。


追記

既に大分話題になっていますが、最近北米で発見されたフェイクについて
こちらでも情報をシェアします。(画像をクリック頂くと拡大されます。)

 0IthPVE0ADYCpN

どちらも上のカードがフェイクです。
見分けやすい所としては、「TM」や「C」の記号が妙にくっきりしていしたり、
文字間が離れすぎている等の部分になると思います。

こちらについてはBIGMAGIC様の記事でも紹介されておりますが、
海外フォーラムの情報によると、印刷サービスを提供している中国の会社は
警察から注意を受けたとのことで、MTGの印刷は既に停止したようです。
RuLPWip

とりあえず今後量産されることは無くなったようで一安心。
発見して情報を拡散してくれた方に感謝ですね。

主にアメリカのユーザーに向けて販売されていたようなので、
今現在は国内に出回っている可能性は低いかもしれませんが、
今後、国内に入ってきてしまうことも無いとはいえないので十分に気をつけましょう!


MTGシングルカード通販ショップ「ハルシオン」店長の水田です。
これからブログ更新していきます!

さて、本日は偽造カードについて情報をシェアします。

先日、「Tundra」を個人の方から仕入れたのですが、
実物を見た瞬間に「マジか。。。orz」て感じでした。
そう一瞬で落胆できる程、偽造と呼ぶにはとてもお粗末なものでした。

まあ、どうせ偽造なら、精巧なものより粗雑で偽造と一瞬で分かる方が
いいのかもしれませんが、せっかくなので本物と比べた写真等を載せます。

IMG_1754[1]

左が本物で、右が偽造です。
IMG_1748[1]

一目瞭然ですね。紙質もザラザラした感じで違和感だらけです。。
また、匂いに関しては、本物と比べてインク?の匂いが強烈でかなり鼻にツーンときます。

さらに、今回は4枚セットで仕入れたのですが、全く同じ箇所に同じ傷(のコピー)があります。
BlogPaint

うーん、ちょっと写真では見えにくいですね。
ですが、実物ですと4枚とも細かな傷(のコピー)までもが同じ箇所に確認でき、
1枚のサンプルをコピーして量産した偽造カードだという証拠になっちゃってます。

既にフェイクだということは明らかなのですが、その他の要素も検証してみました。

 775026ab
裏面を比べてみると、色合いや光沢感の差はあるものの、「偽造!」という感じはしません。
試しに、比較的最近のカード(ラヴニカ:ギルドの都)と比べてみました。
7f48443a
紙質、色合い、光沢等、全く遜色ありません。

つまり、こちらのカードの作成方法は
最近の本物のカードの上に、「Tundra」を印刷した紙を貼り付けたということですね。

その為、柔軟性は損なわれていません。(貼付けた分厚みが出ているので、若干硬いですが)
IMG_1752[1]
全く違う紙で素材から作成したフェイクは、折れ目が付いてしまうようなのですが、
こちらの偽造カードはそういったことはありません。
(この方法は、カードのダメージ状態によっては危険かもしれませんので
 極力お控え頂いた方がいいと思います。)

コピー紙を剥がして中身まで確認したかったのですが、一応このまま送り返して
返金してもらわないといけないので、今回の検証はここまでです。  (⌒-⌒)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
デュアルランド等の古いカードはホンモノでも、保存環境により色合がそれぞれ違ったり、
日焼けで、触れた時の質感も変わってくる場合があります。 
彼らも20年近くこの世を生きてきたのですから、それはしょうがないことです。

また、偽造カードの作成方法も一つではない為、怪しい際は色々な検証を行い、
あらゆる角度からチェックしたうえで判断する必要があります。

当方は貴方に安心してご利用頂けるショップを目指しておりますしので
商品は常に厳格な検証を行ったうえで提供させて頂いております。

今回の記事がお役に立てば幸いです。また、情報が入った際は投稿致します。
それでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

MTG通販ショップ「ハルシオン」
水田
http://mtg-halcyon.com/
 

このページのトップヘ