ハルシオンのMTGブログ

MTGシングルカード通販ショップ「ハルシオン」のブログです。 http://mtg-halcyon.com/

タグ:ミラージュ

スタンダード・リーガルのセット

日本でマジックが徐々に普及し始めたころの話だ。アイスエイジが登場したころは、私の周辺でもたまにスタンダードの大会が実施されるようになっていてね。ミラージュ発売時にはその数はもっと増えてきた。私は地方に住んでいたが、ちょっと足をのばせばどこかしらで大会を見つけることができたよ。

今思うと、トーナメントプレーヤーを取り巻く環境が少しずつ整備されていく流れを目の当たりにしていたんだね。しかし、それに伴って今では考えられないような環境の変化にも出くわしたんだ。

ミラージュブロック発売前後では、スタンダード・・・当時はタイプ2と呼んでいたが、そのレギュレーションに混乱があった時期だったともいえる。当時は基本セット1つと、発売時期の新しい順で2つまでのエキスパンションが使用可能とされていた。つまり、ミラージュ+アライアンス+第5版という環境が誕生した。


ブロック制の導入

ところが、ウェザーライト発売後にこれが覆った。使用可能セットにブロックの概念が導入され、発売時期の新しい順で2つまでのブロック+基本セット1つというくくりに変わった。当時はアイスエイジブロックという考え方が普及していなかったが、発表によればこうだ。1997年7月以降のスタンダード・リーガルなカードセットはアイスエイジ、ホームランド、アライアンス、ミラージュ、ビジョンズ、ウェザーライト、第5版となった。

ホームランドアイスエイジと関係なかったが、ブロックの概念登場に伴い無理やりアイスエイジブロックに編入されてしまったんだね。これがのちのコールドスナップ発売によって覆った時の驚き、きっと当時を体験した我々にしか分からんだろうね。コールドスナップは発売が2006年、まさに10年越しの大事件だったよ。

ミラージュの発売が1996年の10月なので、1年もたたないうちに同じレギュレーションで使えなくなっていた、アイスエイジアライアンスが復活してしまった。第4版から第5版への切り替えでは、アイスエイジのパワーカードはおおむね再録されてたが、アライアンスからは全く再録がなかった。しかもこの環境がスタンダード・リーガルだった時期は、次のテンペスト発売までのおよそ3ヶ月だけだったんだ。


影響の大きかったアイツ

プレーヤーたちは悲喜こもごもだったね。第4版から第5版への変遷で最大の影響力を持ったのは、やはり"剣を鋤に"がなくなったことだったろう。もちろん"稲妻""ミシュラの工廠"といったカードの退場も影響があったが、"稲妻"の穴は"火葬"が頑張っていたし、"ミシュラの工廠"に至っては色は関係なく影響を受けていた。だから白のクリーチャー除去機能がそっくり失われた"剣を鋤に"の消失は、とても深刻な影響があったといえるんだ。

Swords to Plowshares剣を鍬に/Swords to Plowshares
(白)
インスタント
クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。それのコントローラーは、そのパワーに等しい点数のライフを得る。




そんな中、アイスエイジブロックがまるごと復活してしまった。同時にアイスエイジに収録されていた"剣を鋤に"も復活したからね。白使いは大喜びだ。アライアンスも復活していたから、当然のように『カウンター・ポスト』が復活することとなったよ。しかも"ジェラードの知恵""沈黙のオーラ"といった低速の白いデッキに迎合したカードが多かったからね。あの3か月間はマジック史上でもまれに見るような白い夏だったんじゃないかな。

"剣を鋤に"が落ちたとき、白使いは来るべき日がついに来た、と嘆いたものさ。たった1マナでほとんどのクリーチャーを追放、デメリットはコントローラーのライフ回復だけ・・・しかもインスタントだ。アイスエイジの頃から考えると、カードパワーの水準はすごく上がってるのに、再録されることもない。当然、強すぎて環境に与える影響が大きいからだ。


じゃあ、代わりを探なくては!

あの頃、我々は"剣を鋤に"後釜探しに躍起になっていたよ。ミラージュ"死後の生命"はインスタントだが、3マナもかかる上にトークンまで与えてしまう。"平和な心"ではシステム系クリーチャーに対しては無力だ。ウェザーライトには"関税"なんてカードもあったが、これも白ウィニーではデメリットが大きく、コントロールでは後半無力という問題があった。

Tariff"関税/Tariff"
(1)(白)
ソーサリー
各プレイヤーは、自分が点数で見たマナ・コストが最も高い自分がコントロールするクリーチャー1体のマナ・コストを支払わないかぎり、そのクリーチャーを生け贄に捧げる。プレイヤーがコストが最も高いクリーチャーを2体以上コントロールしている場合、そのプレイヤーはどちらか1体を選ぶ。


しかし、本当に探さなくてはいけなかったのは、抜けた"剣を鋤に"穴埋めカードなんかじゃなかったんだ。その"剣を鋤に"のなくなった新しい環境で活躍できるカードが何か、どんなデッキが新たに台頭するかを考えるべきだった。しかし、当時の未熟な私にはその着眼点を持つことができなかったんだ。

アイスエイジ復活時には、たまたま白が優遇されていたから『カウンターポスト』が再興したが、でも今考えればもっと違ったデッキをぶつけてみるという選択肢はあったろうね。いつでもその時でしか成立し得ないデッキというのがあって、セットが加わる、抜けるのタイミングではそうした楽しみを体験することが、マジック醍醐味なんだろうと思うよ。


復活はいつ決まったのか

ちなみにウェザーライトには対『カウンターポスト』用のカードである"マナの網"というカードがあった。おそらく、アイスエイジブロックのスタンダード復活は、ウェザーライト印刷前には決まっていたんじゃないかな、と思っているよ。

Mana Webマナの網/Mana Web
(3)
アーティファクト
対戦相手がコントロールする土地がマナを引き出す目的でタップされるたび、そのプレイヤーがコントロールする土地のうち、その土地が生み出すことのできるマナと同じタイプのマナを引き出せる土地をすべてタップする。



"平地""島""Kjeldoran Outpost""アダーカー荒原"がある状態で、メインフェイズに"アダーカー荒原"からマナを出すと、これら全てがタップされてしまう。相手のターンに"対抗呪文"を打つと、"Kjeldoran Outpost"でトークンを出すかをその場で判断しなくてはならなくなる。地味なカードだが、『カウンターポスト』対策にサイドボードへ忍ばせていたものさ。


失敗した後釜探し

他にも"アーナム・ジン"が抜けたときに"イラクサの牙のジン"を使ってみたり、"セラの天使"の代わりに"メリース・スピリット"を使ってみたりと、色々な試行錯誤をして失敗を経験した時代だったんだ。そんな中、勝ったのは新環境にマッチしたデッキたちだった。過去の栄光を引きずり、2級品で我慢しようとする私は敗た。新しく生み出されたデッキの面々は、当然その環境での1級品ばかりだった。
Nettletooth Djinnイラクサの牙のジン/Nettletooth Djinn
(3)(緑)
クリーチャー ジン
あなたのアップキープの開始時に、イラクサの牙のジンはあなたに1点のダメージを与える。
4/4



ErhnamDjinnセラの天使







Melesse Spiritメリース・スピリット/Melesse Spirit
(3)(白)(白)
クリーチャー 天使 スピリット
飛行、プロテクション(黒)
3/3



次のテンペストでは、また大きな環境の変化が訪れる。手札が少ないと有利、という当時では考えられない環境がもたらされたんだ。2度目の"剣を鋤に"との決別は、私を大きく成長させてくれた。そう、受け入れろ!と気づいたんだ。マジックは教えてくれる。それは人生でも同じだ、とね。

新しいカード達は魅力的だけど、何度も自分を勝たせてくれたあのデッキ、あのカードが名残惜しい、だなんて言っていては時代に取り残されちまうってことさ。環境を受け入れる度量をもって、この先のマジックも人生も楽しんでいきたいものだね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新セット発売直後

今日の話は、アライアンスについての話をよく思い出してから聞いてもらった方がいいだろう。さて、第4版のトレードで少しばかりの教訓を得た私は、トレードに対し少し慎重になっていた。相手の言われるがままにトレードするのではなく、自分が本当に必要としているカードを交換すると決めていた。

今からするのは、ミラージュが発売された直後のある大会に参加した時の話だ。当時は日本語版に先立って英語版が発売されていた。私はまだ中学生で、英語を読むのに苦労していたね。あの稀代の強力セットたるアライアンスに続く、新セットの発売にはとても興奮してね。だから、日本語の発売まで待っていられなかったんだ。ミラージュのコレクションは少しだけだったが、買ったばかりのバインダーに並べて得意気だったものさ。

私が会場で自分のバインダーを眺めていると、鋭い目つきをした見知らぬ男が声をかけてきた。黒っぽい服装で、大学生くらいの風貌だ。その男がトレードをしよう、というのだ。その頃カウンターポストを作りたかった私は、彼の申し出を受けることにした。もちろん、言われるがままのトレードはしない、と心に誓った上でだ。彼はミラージュのカードに強い興味を示していた。ある青いカードを指し、このカードは出せるか、と尋ねてきたんだ。


まずはただならぬ雰囲気のカードから

Bazaar of Wonders"不思議のバザール/Bazaar of Wonders"
(3)(青)(青)
ワールド・エンチャント
不思議のバザールが戦場に出たとき、すべての墓地にあるすべてのカードを追放する。
プレイヤーが呪文を唱えるたび、それと同じ名前を持つカードがいずれかの墓地にあるか同じ名前を持つトークンでないパーマネントが戦場にある場合、それを打ち消す。

私「"Bazaar of Wonders"かぁ。これって明らかにレアだよね」
男「そうだね。何か欲しいカードはあるかい」
私「僕は今、カウンターポストを作りたいんだけど、ちっともカードが足りないんだ」
男「ああ、そうすると・・・そうだな。"Exile"なんてどうだい?」
私「"Exile"もいいけど、やっぱり"Kjeldoran Outpost"が欲しいな」
男「う、"Kjeldoran Outpost"か・・・ちょっと高いなぁ」
私「なんかこのカード、すごい斬新なロックデッキとか作れそうな感じだし」
男「そうだな、仕方ないか。分かった。"Kjeldoran Outpost"を出そう」
私「うん、ありがとう。他にも欲しいカードがある?」


漂白したいデュエリスト垂涎の一枚!

Celestial Dawn"天界の曙光/Celestial Dawn"
(1)(白)(白)
エンチャント
あなたがコントロールする土地は平地である。
あなたがオーナーである、土地ではなく戦場に出ていないカードと、あなたがコントロールする呪文と、あなたがコントロールする土地でないパーマネントは白である。
あなたは、白マナを好きな色のマナであるかのように支払ってもよい。あなたは他のマナを無色マナであるかのようにのみ支払ってもよい。

男「そうだな、この"Celestial Dawn"は興味があるね」
私「あぁ、それも何かすごそうだよね」
男「白単で色んなことができそうだからね。面白いデッキが作れそうだよ」
私「友達も欲しいって言ってたんだ。でも、あいつらいいカード持ってないから」
男「なるほど、早くも人気カードってわけか」
私「そうなんだ。だから、これとなら"Thawing Glaciers"でトレードしたいな」
男「確かに"Thawing Glaciers"と"Celestial Dawn"なら、きっと等価だろう」
私「じゃ、OKだね」
男「ああ」


美麗なイラストにはただならぬ魅力が!

Cycle of Life"生命のサイクル/Cycle of Life"
(1)(緑)(緑)
エンチャント
生命のサイクルをオーナーの手札に戻す:このターンにあなたが唱えたクリーチャー1体を対象とする。それはあなたの次のアップキープの開始時まで基本のパワーとタフネスが0/1である。あなたの次のアップキープの開始時に、そのクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。

男「この"Cycle of Life"は、イラストがいいよね」
私「うん、キレイだよね。+1/+1カウンターがどんどん増えるってすごそうだし」
男「これは出せるかい?」
私「うん、いいよ。でも、それに見合うカードって何かな・・・」
男「この"Lodestone Bauble"はどうだい?カウンターポストのサイドボードで良く見かけるよ」
私「あ、知ってる!ちょっと地味だけど、いいカードだよね」
男「これは持っているかい?」
私「1枚もないよ。確かに必要だね」
男「よし、交換しよう」
私「ありがとう」


サイドボードで見たことはあった

Chaosphere"混沌界/Chaosphere"
(2)(赤)
ワールド・エンチャント
飛行を持つクリーチャーは、飛行を持つクリーチャーのみブロックできる。
飛行を持たないクリーチャーは、到達を持つ。

私「あ、イラストならこの"Chaosphere"インパクトあるよ」
男「お、確かにこれはちょっと欲しいな」
私「これも"Bazaar of Wonders"と同じエンチャント(ワールド)だね」
※エンチャント(ワールド)は当時のカードタイプ。
男「確かにエンチャント(ワールド)らしい、なかなかぶっ飛んだ効果だね」
私「これも出せるよ。でも・・・」
男「ん、どうしたの」
私「あとレアで欲しいのは"Helm of Obedience"くらいなんだよね」
男「うぉ、"Helm of Obedience"だとさすがにきつい・・・」
私「じゃ、あとは"Force of Will"が足りないんだ」
男「"Force of Will"なら、アンコモンだからいいよ」
私「レアとアンコモンのトレードだから、2枚出せる?」
男「うーん、まあいいだろう」


万能サーチ!しかも5枚!ただちょっとチンタラし過ぎた!

Mangara's Tome"マンガラの秘本/Mangara's Tome"
(5)
アーティファクト
マンガラの秘本が戦場に出たとき、あなたのライブラリーからカードを5枚探し、それらを裏向きのまま束にして追放し、その束を切り直す。その後あなたのライブラリーを切り直す。
(2):このターン、次にあなたがカードを引く代わりに、マンガラの秘本によって追放された束の一番上のカードを1枚あなたの手札に加える。

男「ん、なんだこのカード?初めて見た」
私「あ、それは・・・」
男「え、これ1枚で"Demonic Tutor"5枚分の効果!すげえ!」
私「それ、後で使おうと思ってたんだよね」
男「そうなのか・・・残念。確かに強そうだからなぁ」
私「ごめんね」
男「あ、さっきの"Helm of Obedience"とならどうだい?」
私「"Helm of Obedience"かあ・・・それならいいかな」
男「無理を言ってすまないね」
私「いいんだ。お蔭でだいぶデッキが出来上がってきたよ」


「え?レアなの?」と言いたくなるカード達

男「カウンターポストをやるなら、この"Dissipate"は必要なんじゃないかな」
私「あ、確かに・・・まだ1枚しかないや。アンコモンだよね?」
男「そう。もし必要なら3枚出せるけど」
私「え、いいの?ミラージュのカードなのに?」
男「たまたま引きまくって、これだけ余ってるんだよ」
私「そうなんだ。でも、僕のバインダーに見合いそうなカードがないなあ」
男「カスレアと1対1ならどうだい?」
私「それは助かる!」
男「じゃ、3枚カスレアを選ぶね」

Brushwagg"ブラッシュワグ/Brushwagg"
(1)(緑)(緑)
クリーチャー — ブラッシュワグ
ブラッシュワグがブロックするかブロックされた状態になるたび、それはターン終了時まで-2/+2の修整を受ける。
3/2




Leering Gargoyle"抜目ないガーゴイル/Leering Gargoyle"
(1)(白)(青)
クリーチャー ガーゴイル
飛行
(T):抜目ないガーゴイルはターン終了時まで-2/+2の修整を受けるとともに飛行を失う。
2/2



Warping Wurm"ねじれのワーム/Warping Wurm"
(2)(緑)(青)
クリーチャー — ワーム
フェイジング
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(2)(青)(緑)を支払わないかぎり、ねじれのワームはフェイズ・アウトする。
ねじれのワームがフェイズ・インしたとき、その上に+1/+1カウンターを1個置く。
1/1


男「ミラージュのコンプリートに、こいつらが必要なんだ」
私「やっぱり・・・」
男「ん、どうしたの?」
私「いや、やっぱりこいつら、レアなんだね」
男「ああ、残念だけど、ね」
私「・・・信じたくなかったけど・・・。残念だよ」
男「アンコモンと1対1ですまないが、トレードしていいかな」
私「もちろん。お礼を言うのはこっちだよ」
男「お蔭でコレクションが充実したよ」
私「早くコンプリートできるといいね」


まだまだある、レアらしくないレア達

私「そうだ、さっき"Excile"が出せるって言ってたよね」
男「あ、うん。そうだけど」
私「カスレア何枚か出すから、"Exile"出せない?」
男「ん、そうだな、じゃぁ・・・これでどう?」

Telim'Tor's Edict"テリムトーの勅令/Telim'Tor's Edict"
(赤)
インスタント
あなたがオーナーであるか、あなたがコントロールするパーマネント1つを対象とし、それを追放する。
次のターンのアップキープの開始時に、カードを1枚引く。




Rock Basilisk"岩バジリスク/Rock Basilisk"
(4)(赤)(緑)
クリーチャー バジリスク
岩バジリスクが壁でないクリーチャーをブロックするか、壁でないクリーチャーによってブロックされた状態になるたび、戦闘終了時にそのクリーチャーを破壊する。
4/5




Emberwilde Caliph"エンバーワイルドのカリフ/Emberwilde Caliph"
(2)(青)(赤)
クリーチャー ジン
飛行、トランプル
エンバーワイルドのカリフは可能なら毎ターン攻撃する。
エンバーワイルドのカリフがダメージを与えるたび、あなたは同じ点数のライフを失う。
4/4



Razor Pendulum"刃の振り子/Razor Pendulum"
(4)
アーティファクト
各プレイヤーの終了ステップの開始時に、そのプレイヤーのライフが5点以下である場合、刃の振り子はそのプレイヤーに2点のダメージを与える。




Teferi's Isle"テフェリーの島/Teferi's Isle"
伝説の土地
フェイジング
テフェリーの島はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(青)(青)を加える。




私「うーん、さすがに5枚はちょっと」
男「じゃ、"Exile"2枚だすよ」
私「え、それなら全然OKだよ」

男「今日はありがとう。充実したトレードができたよ」
私「こちらこそ。またトレードしようね」
男「ああ、ぜひ


トレードを振り返って

インターネットの情報もまだまだ未整備な頃には、こんなの良くある光景だった。別に私は意図してシャーク行為を行なったわけではないがね。明らかにいお互い納得していたし、このちょっと後に判明するカード価格でも"不思議のバザール/Bazaar of Wonders""天界の曙光/Celestial Dawn"はかなり高額だった。しばらくの間は、ね。一見派手な効果で、実はカスレア、という見事なカードデザインにみんなしてやられたというわけだ。


新セットが出た直後は、デッキビルダーと呼ばれる人種が最も活躍する時期だ。一見、箸にも棒にもかからなそうなカーたちを、見事なアイデアで一流カードに変える。そういった作業は当時から連綿と続いているね。だから、評価が確定する前のトレードはとても難しい。
Lion's Eye DiamondNatural Balance


一方、"ブラッシュワグ/Brushwagg"のような明らかなカスレアは、今ではほとんど見られなくなった。現在ではカスレアでも、もう少しレアらしい能力だ。当時はエクスパンション・シンボルが黒一色だったからね。最初見たとき、このパックにはレアが入っていない、と首をかしげたものだ。ミラージュではそんなの日常茶飯事だった。コモンやアンコモンの水準が高かったから、レア狙いでなければ良いセットなんだがね。


ミラージュの売れ行きはやはり悪かったのか、次のビジョンズではレアのカードパワーがかなり高くなった。アライアンスほどではなかったが、いくつかの新しいデッキを生み出し、後の環境に対し長く影響を与えたカードも多い。この辺りはいずれ、弟が詳しく話してくれるだろうさ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回も前回に引き続きミラージュで活躍したカードを紹介するよ。

優秀な緑のコモンたち

Jolrael's Centaur"ジョルレイルのケンタウルス/Jolrael's Centaur"
(1)(緑)(緑)
クリーチャー ケンタウルス 射手
被覆
側面攻撃(側面攻撃を持たないクリーチャーがこのクリーチャーをブロックするたび、ブロックしているクリーチャーはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。)
2/2

緑のコモン・クリーチャーは、前回"根の壁"を紹介したが、それ以外にも優秀な連中が多い。その中でも"ジョルレイルのケンタウルス/Jolrael's Centaur"は地味な能力ながら多くの緑デッキで攻守ともに活躍していた。ミラージュ世界を演出する側面攻撃付きクリーチャーとしてトーナメントシーンで活躍した数少ないカードの1つは、緑で唯一の側面攻撃持ちのコイツだった。当時の私に被覆の強さを教えてくれた1枚でもあるね。


Jungle Wurm"ジャングル・ワーム/Jungle Wurm"
(3)(緑)(緑)
クリーチャー ワーム
ジャングル・ワームがブロックされた状態になるたび、それはターン終了時まで、それ自身をブロックしている最初のクリーチャーを除いたクリーチャー1体につき、-1/-1の修整を受ける。
5/5

5マナ5/5というマナ・レシオは、当時のコモンクリーチャーとしては優秀な水準でね。まあ、正直大活躍というレベルではなかったものの、あの"アーナム・ジン"の穴を埋める候補としてステロイド系のデッキなどで使用実績がある。デメリットが複数ブロックを誘う点を逆手に取り、ブロック後の"火葬""巨大化"が決まると痛快だったね。


Granger Guildmage"農芸師ギルドの魔道士/Granger Guildmage"
(緑)
クリーチャー 人間 ウィザード(
(赤),(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。農芸師ギルドの魔道士はそれに1点のダメージを与え、あなたに1点のダメージを与える。
(白),(T):クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで先制攻撃を得る。
1/1

"農芸師ギルドの魔道士/Granger Guildmage"は個人的にお世話になったクリーチャーだ。ビジョンズ発売後に一大勢力となった5CGを下支えするシステム・クリーチャーだ。1/1クリーチャーながら芸達者で、5CGのミラーマッチでは先に出すと勝つくらいの強さがあった。相手の"農芸師ギルドの魔道士/Granger Guildmage""極楽鳥"など、タフネス1のクリーチャーが豊富な時代だったからね。


Mtenda Lion"メテンダ・ライオン/Mtenda Lion"
(緑)
クリーチャー 猫
メテンダ・ライオンが攻撃するたび、防御プレイヤーは(青)を支払ってもよい。そうした場合、このターン、メテンダ・ライオンが与えるすべての戦闘ダメージを軽減する。
2/1

白のライオンがレアなのに対し、緑のライオンはリーズナブルで好感度が高めだったね。コモンでパワーが2あり、かつ1マナという破格のクリーチャーだよ。相手が青いときはデメリットが付いているようにも見えるが、青に対しマナ拘束ができるという観点ではむしろメリットといえる能力だ。それに、ブロック時には何のデメリットもない。当然、緑ウィニー系で活躍したよ。



緑以外で活躍したコモンを紹介

Shadow Guildmage"祭影師ギルドの魔道士/Shadow Guildmage"
(黒)
クリーチャー 人間 ウィザード
(青),(T):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上に置く。
(赤),(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。祭影師ギルドの魔道士はそれに1点のダメージを与え、あなたに1点のダメージを与える。
1/1

緑のギルドメイジと同様、赤マナの起動能力が強力で、5CGと同時期に活躍した5CBで投入されたクリーチャーだ。青マナでクリーチャーの緊急避難ができる点も地味に役立った。CIP能力の再利用が主な用途だが、そのCIP能力は、実はビジョンズでやっと一般的な能力となる。このミラージュまでは、非戦闘系クリーチャーの能力と言えば起動型能力がほとんどであり、その点でコイツもビジョンズ登場後が活躍の本番となったね。


Choking Sands"押し寄せる砂/Choking Sands"
(1)(黒)(黒)
ソーサリー
沼でない土地1つを対象とし、それを破壊する。その土地が基本でなかった場合、押し寄せる砂はその土地のコントローラーに2点のダメージを与える。
こちらも先ほどの"祭影師ギルドの魔道士/Shadow Guildmage"と同様、5CBでの実績があるカードだ。5CG,5CBといった多色デッキには特殊地形が大量投入されていたものだから、対象に困ることはなかったものさ。アグレッシブにマナ拘束ができる憎いヤツだ。後攻1ターン目で"暗黒の儀式"から飛んでくると、それだけで試合の流れを決定づけることもあったよ。


Kaervek's Torch"ケアヴェクの火吹き/Kaervek's Torch"
(X)(赤)
ソーサリー
ケアヴェクの火吹きがスタックに積まれているかぎり、それを対象とする呪文はそれを唱えるためのコストが(2)多くなる。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ケアヴェクの火吹きはそれにX点のダメージを与える。
あの"Force of Will"にマナを払わせることができるX火力がこの"ケアヴェクの火吹き/Kaervek's Torch"だ。万能とまではいかないが、試合中に1度でも見せておけばかなりのプレッシャーを与えられる点が、最大の魅力だろうね。赤マナが出せるデッキでは、青相手のサイドボードとして居場所を持っていたんだ。


粒ぞろいのアンコモン達

Floodgate"水門/Floodgate"
(3)(青)
クリーチャー 壁
防衛
水門が飛行を持つとき、それを生け贄に捧げる。
水門が戦場を離れたとき、それは飛行を持たない青でない各クリーチャーに、あなたがコントロールする島の数の端数を切り捨てた半分に等しい点数のダメージを与える。
0/5
青いアンコモンと言えば前回紹介した"雲散霧消"だが、コイツもなかなかの活躍を見せてくれた。当時ウィニーが強い環境にありながら、青単デッキを成立させてくれた立役者だ。場を離れるだけで、一方的なアドバンテージをもたらしてくれる点が魅力だ。"島"そのものの価値を押し上げ、当時一番強いカードを"島"にしていた点でも立役者だったといえるね。


Suq'Ata Firewalker"スークアタの火渡り/Suq'Ata Firewalker"
(1)(青)(青)
クリーチャー 人間 ウィザード
スークアタの火渡りは、赤の呪文や赤の発生源からの能力の対象にならない。
(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。スークアタの火渡りはそれに1点のダメージを与える。
0/1
当時の青によくいた、ピンガーと呼ばれる1点ダメージを与えるクリーチャーの一人だ。ギルドメイジのところで紹介したとおり、タフネス1のクリーチャーが大量に存在していたスタンダードでは、限定的ながら除去耐性のあるコイツは居場所があった。コモンのギルドメイジと比べるとコストが重く、先に出されると手札で腐るため、サイドボードでの活躍が多かったように記憶しているよ。


Stupor"呆然/Stupor"
(2)(黒)
ソーサリー
対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚無作為に選んで捨てる。その後そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。
現在の水準では強いカードの部類だろう。しかし申し訳ないが、最初にコイツを見たときの印象は「え、弱い」だった。その理由はフォールン・エンパイアに存在していた"Hymn to Tourach"のせいだ。あいつがコモンなうえに2マナで、能力も上回っていたのだから仕方ない。"Hymn to Tourach"脱落後の手札破壊デッキの主力として大いに活躍したね。


Wildfire Emissary"ワイルドファイアの密使/Wildfire Emissary"
(3)(赤)
クリーチャー イフリート
プロテクション(白)
(1)(赤):ワイルドファイアの密使は、ターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。
2/4
カウンターポストのトークンにブロックされず、"剣を鋤に"が効かない。"神の怒り"と1対1ができるだけのスペックを持つ、優秀なアンコモン。加えて"白騎士""黒騎士""ジョルレイルのケンタウロス"一方的に勝てる。更に"火葬"で落ちない2/4という数値にパンプアップ能力は、当時の水準では単体で場を制圧し得た。見た目以上に大活躍した1枚で、私もよく苦しめられたものさ。


Fire Diamond"緋色のダイアモンド/Fire Diamond"
(2)
アーティファクト
緋色のダイアモンドはタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(赤)を加える。
第6版再録時にポンザデッキで活躍したカードだ。赤以外にも各色のダイアモンドが存在していたが、その中でおそらく最も使われた1枚だろう。青や白もプリズン系のデッキで使われたが、第6版時代のポンザ勢力が比較的大きかった点で差が付いたと思うね。赤いマナ加速は貴重だったので、ポンザ以外のデッキでもたまに見かけるだけのカードパワーはあったね。


レアカードからはこの4枚を紹介

Political Trickery"政略/Political Trickery"
(2)(青)
ソーサリー
あなたがコントロールする土地1つと、対戦相手1人がコントロールする土地1つを対象とする。それらのコントロールを交換する。(この効果は永続する。)
青でありながら土地対策ができる、数少ないカードだね。露骨なカウンターポスト対策として大いに活躍したカードだ。ミラーマッチで自分の"Thawing Glaciers"を起動後に押し付け、回収するという手口が実に青らしく、良く見かけたものさ。イラストの分かるような分からないような雰囲気も魅力の一つだろう。


Final Fortune"最後の賭け/Final Fortune"
(赤)(赤)
インスタント
このターンの後に追加の1ターンを行う。そのターンの終了ステップの開始時に、あなたはこのゲームに敗北する。
赤らしい男気溢れる、アツいカードだ。勝つか負けるか、2つに1つ。たった2マナで1ターン追加という性能は、あのパワー9の"Time Walk"同等と言える。コンボデッキ向きの能力だが、当時のコンボデッキに向くマナ・コストではなかったため、活躍の場は主にスライ系のデッキだった。遅いデッキ相手にサイドインするといった使われ方が多かったと記憶しているよ。


Maro"マロー/Maro"
(2)(緑)(緑)
クリーチャー エレメンタル
マローのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたの手札のカードの枚数に等しい。
*/*
緑らしくない能力なのだが、派生カードも多く人気の1枚だ。このカード名は、カードデザイナーの重鎮マーク・ローズウォーターの名前から取られている。ミラージュ当時のカードタイプ欄は「ネイチャー・スピリットの召喚」とかかれていて、マニアックなクリーチャータイプマニアの間では人気だったね。実戦での成績はそこそこで、"ハルマゲドン"と組んでマローゲドンというデッキを誕生させていたよ。


Frenetic Efreet"熱狂のイフリート/Frenetic Efreet"
(1)(青)(赤)
クリーチャー イフリート
飛行
(0):コインを1枚投げる。あなたがコイン投げに勝った場合、熱狂のイフリートはフェイズ・アウトする。あなたがコイン投げに負けた場合、熱狂のイフリートを生け贄に捧げる。
2/1
世界初、トーナメントクラスのコインフリップ能力を持ったカードだ。運さえよければタダで除去から逃れられるという能力は、一見地味だが使ってみるとかなり優秀だった。コイツは先入観によって評価が著しく低かった、という点をお伝えしたい。コインフリップ系にかつてまともなカードはなく、しかもミラージュの多色カードが揃いも揃って紙クズばかりだったため、コイツの評価も最初はものすごく低かったんだ。


"熱狂のイフリート"を見ると、このゲームの面白さを思い出すんだ。あの当時、誰も強いと思っていなかったカードが実績を残した時の感動は、マジックの知的ゲームとしての奥深さを感じることができる。見るからに強い能力でないし、あっと言わせるようなコンボがあったわけでもない。使ったら強かった、とか、よく考えると強い、というコイツの能力は、いつか自分もそんなカードを発掘してやりたい、と思い描いていた当時の気持ちを呼び覚ましてくれる。
さて、こんなところでミラージュの話はおしまいだ。しかしきっと、誰かがミラージュ「闇」について話しをしてくれる・・・そんな気がするんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今回はミラージュのカードについてちょっとした豆知識です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ミラージュは複数の印刷工場でまたがって刷られたため、
紙質等が異なっている
カードが多いようです。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
私自身ミラージュのカードは紙質などが異なるものが比較的多く見られ
検品には多大な時間を要していました。
何か原因が無いかと探していたところ、海外サイトでこの情報を発見しました。

MTGは最初、カルタ・ムンディ社のベルギー工場で製造されていたのですが、
その後、MTGがヒットし、恐らく輸送コストや時間削減のために
テキサス州ダラスに開設された同社の工場に移ったようです。

そして、ダラスの工場で刷られた最初のエキスパンションがミラージュでした。
最初ダラスで刷られたカードの品質には
・コーナーの丸みが異なる
・カードの耐水性に劣っている
等いくつか相違があり、それ以前にもベルギーミラージュは刷られていた為、
品質が異なる問題が生じたようです。

また、90年代の半ば頃にシェパード・プールマン社という会社と印刷契約を結んでいたという
情報がありました。
このあたりは2社で印刷されていたのか、一時的にシェパード・プールマン社と契約していたのか
よく分かりませんが、M:TG Archiveに下記の内容が記載されておりました。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
シェパード・プールマン・コミュニケーションズ社はインディアナ州インディアナポリスのある大規模商業印刷会社だった。
1990年代半ば、シェパード・プールマン社はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社とマジック用カード印刷の契約を結んだ。
シェパード・プールマン社は、第4版の中国語版を印刷し、さらに米国での販売を目的としてミラージュの一部を提供した。
同社が印刷したカードが入ったボックスには「Printed in USA by Shepard Poorman Corp(=シェパード・プールマン社により米国で印刷)」と印刷されている。
シェパード・プールマン社が印刷するカードの品質は批判にさらされてきた。
そのいくつかは、カルタ・ムンディ社印刷のカードと比較した問題点を報じている。
その問題点とは
同社のカードはインクが早く色褪せる、
配色が異なる、コーナーの丸みが異なる、
粉状の物質が付着している、
匂いがきつい
等々であるが、特に新品に青色の大きな「シミ」のような誤印刷が見られることで挙げられる。
シェパード・プールマン社印刷のカードの別の大きな特徴は、カードの表と裏の間の黒い接着剤の層にある。(カルタ・ムンディ社は青い接着剤を使用している。)
黒い接着剤の層は水溶性であるため、カードの耐水性に劣っている。
報道の中には、カードは、より「薄い」ような感じがするというものもある。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こちらに関しては更に詳しく調べて、可能であれば
画像付などで紹介できればと思っておりますので、また情報が入った際は投稿しますね。


追記

既に大分話題になっていますが、最近北米で発見されたフェイクについて
こちらでも情報をシェアします。(画像をクリック頂くと拡大されます。)

 0IthPVE0ADYCpN

どちらも上のカードがフェイクです。
見分けやすい所としては、「TM」や「C」の記号が妙にくっきりしていしたり、
文字間が離れすぎている等の部分になると思います。

こちらについてはBIGMAGIC様の記事でも紹介されておりますが、
海外フォーラムの情報によると、印刷サービスを提供している中国の会社は
警察から注意を受けたとのことで、MTGの印刷は既に停止したようです。
RuLPWip

とりあえず今後量産されることは無くなったようで一安心。
発見して情報を拡散してくれた方に感謝ですね。

主にアメリカのユーザーに向けて販売されていたようなので、
今現在は国内に出回っている可能性は低いかもしれませんが、
今後、国内に入ってきてしまうことも無いとはいえないので十分に気をつけましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ