ハルシオンのMTGブログ

MTGシングルカード通販ショップ「ハルシオン」のブログです。 http://mtg-halcyon.com/

カテゴリ: 古のセット談義

まさに嵐を巻き起こした大型セット!!!

よし、では今日は君たちの聞きたがっていたテンペストの話を始めようか。エキスパンションのブロック概念も整い、ウェザーライト号とその乗組員たちのストーリーが本格化していくテンペスト・ブロックだが、その嚆矢たるこのセットは当時かなりのインパクトがあったね。

クリーチャーの水準が全体的に向上し、特にウィニー系デッキが隆盛する環境が整った。単色デッキが増えたが、その中で5色デッキも人気で、デッキの多様性が見られるいい環境だったよ。シャドーバイバックという新しい要素に加え、初めてスリヴァーが登場したセットでもある。そして何より、「手札が少ないと有利」というそれまでの常識を覆した斬新なコンセプトを提供してくれた。

もちろん、青単のような手札を増やして戦うデッキもあり、コントロール系が弱いというわけでもなかった。とにかく、このセットでは紹介したいカードが沢山あり過ぎて、私も困っているんだ。少し長くなるが、最後までお付合い願えるかな?



少ない手札・有利な状況!

Cursed Scroll呪われた巻物/Cursed Scroll
(1)
アーティファクト
(3),(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。カード名を1つ指定する。あなたの手札からカードを1枚、無作為に公開する。そのカードが指定されたカードであった場合、呪われた巻物はそれに2点のダメージを与える。

テンペストを代表するレアカードであり、「手札が少ないほど有利」な環境の立役者、というか主人公だ。バーンやウィニーなど、速攻系のデッキはほぼ採用していたね。とにかく、環境にタフネス3以上のクリーチャーが数えるほどだったんだ。これはまさに殺戮マシーン、しかも1マナなので青単では対処が難しい点も脅威だった。日本語版には起動コストが2マナになっているという、恐るべきミスプリントがあったのも良く覚えているよ。いやぁ、とにかく、強かった。


Scalding Tongs煮沸ばさみ/Scalding Tongs
(2)
アーティファクト
あなたのアップキープの開始時に、あなたの手札の枚数が3枚以下である場合、対戦相手1人を対象とする。煮沸ばさみはそのプレイヤーに1点のダメージを与える。

主に赤単で用いられたアーティファクトで、起動コストの不要な無色のダメージ源として重宝されていたね。テンペスト発売当初は人気のないカードだったが、『スライ』ではメインボードから3~4枚採用されるという大出世を遂げたよ。"呪われた巻物"と共に「手札が少ないほど有利」というコンセプトを見事に演出していた。


Fool's Tome愚か者の秘本/Fool's Tome
(4)
アーティファクト
(2),(T):カードを1枚引く。この能力は、あなたの手札にカードが1枚も無い場合にのみ起動できる。

先に紹介した2枚と比べると採用率は低かったが、こんなカードがスタンダードで見かけるような状況だった、と言えば当時の雰囲気が伝わるだろうか。これも「手札が少ないほど有利」というコンセプトを演出したカードの一枚だろう。バーン系デッキのメインに1枚か、サイドボードに1~2枚程度見かけられることがあったよ。




『スライ』の時代!!!

Mogg Fanaticモグの狂信者/Mogg Fanatic
(赤)
クリーチャー ゴブリン
モグの狂信者を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。モグの狂信者はそれに1点のダメージを与える。
1/1

マナ・カーブの1マナ枠は特に物足りない面々だらけだった赤が、ついに手に入れた1枚だ。当時の『スライ』を代表するクリーチャーの一角。軽くて使いやすい能力、ここに極まれりといった印象だね。どんな状況でも腐りにくく、しかもウィニーの多い当時の環境によくマッチしてくれた。私もずいぶん苦しめられたし、助けてもらったよ。同型対決では"ボール・ライトニング"牽制するという大仕事をやってのけてくれたものさ。



Mogg Raiderモグの略奪者/Mogg Raider
(赤)
クリーチャー ゴブリン
ゴブリンを1体生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
1/1

こいつもマナ・カーブの1マナ枠を埋めてくれた重要カードだね。"モグの狂信者"と比べるとやや見劣りするものの、その能力は『スライ』のゴブリン達をより一層輝かせてくれた。次のセットのストロングホールドで登場する"モグの下働き"は2マナ3/3というスペックで、コイツがいるとタフネス4までが射程圏内になる。当時タフネス4を上回るのはごく一部の例外だけだったから、ウィニーにあって圧倒的な制圧力と言ってよかったね。



Jackal Pupジャッカルの仔/Jackal Pup
(赤)
クリーチャー 猟犬
ジャッカルの仔にダメージが与えられるたび、それはあなたにそのダメージに等しい点数のダメージを与える。
2/1

実に赤らしいデメリットを持った1マナクリーチャーがこの"ジャッカルの仔"だ。1マナでありながらパワー2というスペックは、序盤から攻め続けることが容易となり、他の色と比べダメージレースで優位に立ちやすくなった。同型対決では火力の的になってしまうが、それでも"ボール・ライトニング"を通すためには必要な犠牲としての位置付けでサイドアウトすることは少なかったかな。




アタックしなくてもダメージは入るのだ!

Fireslinger投火師/Fireslinger
(1)(赤)
クリーチャー 人間 ウィザード
(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。投火師はそれに1点のダメージを与え、あなたに1点のダメージを与える。
1/1

ウィニー全盛の時代にあって、コイツの制圧力は目を見張るものがあったね。とにかく、2マナでピンガーというのはそれだけで強力だ。ミラージュの黒と緑のギルドメイジ達はライバルだったが、それでも起動マナを必要としない点は優秀だ。起動型能力でタップをコストに含むクリーチャーとしては、異例の活躍を見せた部類に入るだろうね。


Kindle焚きつけ/Kindle
(1)(赤)
インスタント
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。焚きつけはそれにX点のダメージを与える。Xはすべての墓地にある名前が"焚きつけ/Kindle"であるカードの枚数に2を加えた点数である。

大型エキスパンションには必ず存在する、赤い軽量インスタント火力の枠を担ったのがコイツだ。アイスエイジミラージュ"火葬"と比べると、クリーチャーの再生を許してしまう点と、1デュエルで3回以上打たないとメリットを感じられないという問題があった。しかし、それでも2マナ2点というだけで環境にはマッチし、4枚投入が一般的だったよ。特に同型対戦では、いかにして相手に先に打たせるかという知能戦が繰り広げられたものさ。


Jinxed Idol凶運の彫像/Jinxed Idol
(2)
アーティファクト
あなたのアップキープの開始時に、凶運の彫像はあなたに2点のダメージを与える。
クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは凶運の彫像のコントロールを得る。

これも『スライ』でよく見られたカードだね。軽量でかつ、無色な上に永続的なダメージ源だ。デメリットは軽くないが、息切れしがちだった『スライ』では最後の一押しとして活躍できたし、相手がクリーチャーレスであればまさにフィニッシャーと呼べるポジションの性能だ。



白ウィニーのアベック・シャドー

Soltari Priestサルタリーの僧侶/Soltari Priest
(白)(白)
クリーチャー サルタリー クレリック
プロテクション(赤)
シャドー
2/1

コイツは白らしい強力なウィニークリーチャーであり、いくつもの赤系デッキを屠ってきた歴戦の勇者だ。白ウィニーではほぼ4枚投入され続け、シャドークリーチャーらしく常にアタックし続けていたね。"呪われた巻物""シャドーの迷路"という対策カードが存在することで、やっと彼もまた存在を許されたといっていいかもしれないね。



Soltari Monkサルタリーの修道士/Soltari Monk
(白)(白)
クリーチャー サルタリー モンク クレリック
プロテクション(黒)
シャドー
2/1

"サルタリーの僧侶"と比較すると一歩劣るものの、こちらも白ウィニーの必須パーツとして大いに活躍し続けたクリーチャーだ。特に黒には"ダウスィーの殺害者"という大切なお客様がいたので、シャドークリーチャーにしては珍しくブロッカーとしての仕事もあったという個性を持っている。私はメインとサイドに2枚ずつという運用が多かったね。やはり、黒よりも赤の方が流行していた時代だったといえよう。



黒ウィニーの新主軸

Dauthi Horrorダウスィーの怪物/Dauthi Horror
(1)(黒)
クリーチャー ダウスィー ホラー
シャドー
ダウスィーの怪物は白のクリーチャーによってはブロックされない。
2/1

黒いシャドークリーチャーの先鋒として長く活躍したのが"ダウスィーの怪物"だね。そして白ウィニーへの分かりやすい回答としても重要だった。黒ウィニーの天敵"サルタリーの修道士"をもってしても止めることができない点は、しばしばゲームを決定付けることとなる。かくいう私も大事な大会でコイツにしてやられたことを良く覚えているよ。特に白は除去に乏しかったから、なおさら苦しい思いをしたね。


Dauthi Slayerダウスィーの殺害者/Dauthi Slayer
(黒)(黒)
クリーチャー ダウスィー 兵士
シャドー
ダウスィーの殺害者は可能なら毎ターン攻撃する。
2/2

"ダウスィーの殺害者"融通がきかないものの、タフネス2という点が魅力的な、黒シャドーの次鋒だ。ほとんどの場合、シャドークリーチャーは攻撃し続けるので問題にならないが、"サルタリーの修道士"がいる場合だけは話が別だ。その点では相方の"ダウスィーの怪物"とよくバランスが取れていたといえるだろうね。ちなみに、白いシャドー2体はアンコモンだが、黒いシャドー2体は両方ともコモンカードだよ。


Sarcomancy肉占い/Sarcomancy
(黒)
エンチャント
肉占いが戦場に出たとき、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
あなたのアップキープの開始時に、ゾンビが1体も戦場に存在しない場合、肉占いはあなたに1点のダメージを与える。

黒ウィニーの1マナ枠には本当に選択肢が少なかったが、このレアカードが何とかしてくれた。CIP能力で出したトークンが死んでしまうとデメリットだけが残る、という面白いデザインだ。他にゾンビをコントロールしていればいいのだが、当時は優秀なゾンビが不在だったため、それなりのデメリットだった。後にエクソダス"カーノファージ"という優良ゾンビが登場してからはその点も改善され、より強化されたね。



さて、テンペストの第一回はこんなところで終わりにしようか。アイスエイジ・ブロックは、今度こそ本当に消え去った。『スライ』の隆盛、シャドークリーチャーを主軸としたウィニーデッキの台頭、そして"呪われた巻物"がもたらした「手札が少ないと有利」という新しいコンセプト。大型エキスパンションというものがこれほどまでに環境へ大きな影響を与えるのか、と驚いたものだよ。あの頃のワクワクした感じは、今でも忘れられないね。では次回も引き続きテンペスト時代を彩ったカード達を紹介していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンダード・リーガルのセット

日本でマジックが徐々に普及し始めたころの話だ。アイスエイジが登場したころは、私の周辺でもたまにスタンダードの大会が実施されるようになっていてね。ミラージュ発売時にはその数はもっと増えてきた。私は地方に住んでいたが、ちょっと足をのばせばどこかしらで大会を見つけることができたよ。

今思うと、トーナメントプレーヤーを取り巻く環境が少しずつ整備されていく流れを目の当たりにしていたんだね。しかし、それに伴って今では考えられないような環境の変化にも出くわしたんだ。

ミラージュブロック発売前後では、スタンダード・・・当時はタイプ2と呼んでいたが、そのレギュレーションに混乱があった時期だったともいえる。当時は基本セット1つと、発売時期の新しい順で2つまでのエキスパンションが使用可能とされていた。つまり、ミラージュ+アライアンス+第5版という環境が誕生した。


ブロック制の導入

ところが、ウェザーライト発売後にこれが覆った。使用可能セットにブロックの概念が導入され、発売時期の新しい順で2つまでのブロック+基本セット1つというくくりに変わった。当時はアイスエイジブロックという考え方が普及していなかったが、発表によればこうだ。1997年7月以降のスタンダード・リーガルなカードセットはアイスエイジ、ホームランド、アライアンス、ミラージュ、ビジョンズ、ウェザーライト、第5版となった。

ホームランドアイスエイジと関係なかったが、ブロックの概念登場に伴い無理やりアイスエイジブロックに編入されてしまったんだね。これがのちのコールドスナップ発売によって覆った時の驚き、きっと当時を体験した我々にしか分からんだろうね。コールドスナップは発売が2006年、まさに10年越しの大事件だったよ。

ミラージュの発売が1996年の10月なので、1年もたたないうちに同じレギュレーションで使えなくなっていた、アイスエイジアライアンスが復活してしまった。第4版から第5版への切り替えでは、アイスエイジのパワーカードはおおむね再録されてたが、アライアンスからは全く再録がなかった。しかもこの環境がスタンダード・リーガルだった時期は、次のテンペスト発売までのおよそ3ヶ月だけだったんだ。


影響の大きかったアイツ

プレーヤーたちは悲喜こもごもだったね。第4版から第5版への変遷で最大の影響力を持ったのは、やはり"剣を鋤に"がなくなったことだったろう。もちろん"稲妻""ミシュラの工廠"といったカードの退場も影響があったが、"稲妻"の穴は"火葬"が頑張っていたし、"ミシュラの工廠"に至っては色は関係なく影響を受けていた。だから白のクリーチャー除去機能がそっくり失われた"剣を鋤に"の消失は、とても深刻な影響があったといえるんだ。

Swords to Plowshares剣を鍬に/Swords to Plowshares
(白)
インスタント
クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。それのコントローラーは、そのパワーに等しい点数のライフを得る。




そんな中、アイスエイジブロックがまるごと復活してしまった。同時にアイスエイジに収録されていた"剣を鋤に"も復活したからね。白使いは大喜びだ。アライアンスも復活していたから、当然のように『カウンター・ポスト』が復活することとなったよ。しかも"ジェラードの知恵""沈黙のオーラ"といった低速の白いデッキに迎合したカードが多かったからね。あの3か月間はマジック史上でもまれに見るような白い夏だったんじゃないかな。

"剣を鋤に"が落ちたとき、白使いは来るべき日がついに来た、と嘆いたものさ。たった1マナでほとんどのクリーチャーを追放、デメリットはコントローラーのライフ回復だけ・・・しかもインスタントだ。アイスエイジの頃から考えると、カードパワーの水準はすごく上がってるのに、再録されることもない。当然、強すぎて環境に与える影響が大きいからだ。


じゃあ、代わりを探なくては!

あの頃、我々は"剣を鋤に"後釜探しに躍起になっていたよ。ミラージュ"死後の生命"はインスタントだが、3マナもかかる上にトークンまで与えてしまう。"平和な心"ではシステム系クリーチャーに対しては無力だ。ウェザーライトには"関税"なんてカードもあったが、これも白ウィニーではデメリットが大きく、コントロールでは後半無力という問題があった。

Tariff"関税/Tariff"
(1)(白)
ソーサリー
各プレイヤーは、自分が点数で見たマナ・コストが最も高い自分がコントロールするクリーチャー1体のマナ・コストを支払わないかぎり、そのクリーチャーを生け贄に捧げる。プレイヤーがコストが最も高いクリーチャーを2体以上コントロールしている場合、そのプレイヤーはどちらか1体を選ぶ。


しかし、本当に探さなくてはいけなかったのは、抜けた"剣を鋤に"穴埋めカードなんかじゃなかったんだ。その"剣を鋤に"のなくなった新しい環境で活躍できるカードが何か、どんなデッキが新たに台頭するかを考えるべきだった。しかし、当時の未熟な私にはその着眼点を持つことができなかったんだ。

アイスエイジ復活時には、たまたま白が優遇されていたから『カウンターポスト』が再興したが、でも今考えればもっと違ったデッキをぶつけてみるという選択肢はあったろうね。いつでもその時でしか成立し得ないデッキというのがあって、セットが加わる、抜けるのタイミングではそうした楽しみを体験することが、マジック醍醐味なんだろうと思うよ。


復活はいつ決まったのか

ちなみにウェザーライトには対『カウンターポスト』用のカードである"マナの網"というカードがあった。おそらく、アイスエイジブロックのスタンダード復活は、ウェザーライト印刷前には決まっていたんじゃないかな、と思っているよ。

Mana Webマナの網/Mana Web
(3)
アーティファクト
対戦相手がコントロールする土地がマナを引き出す目的でタップされるたび、そのプレイヤーがコントロールする土地のうち、その土地が生み出すことのできるマナと同じタイプのマナを引き出せる土地をすべてタップする。



"平地""島""Kjeldoran Outpost""アダーカー荒原"がある状態で、メインフェイズに"アダーカー荒原"からマナを出すと、これら全てがタップされてしまう。相手のターンに"対抗呪文"を打つと、"Kjeldoran Outpost"でトークンを出すかをその場で判断しなくてはならなくなる。地味なカードだが、『カウンターポスト』対策にサイドボードへ忍ばせていたものさ。


失敗した後釜探し

他にも"アーナム・ジン"が抜けたときに"イラクサの牙のジン"を使ってみたり、"セラの天使"の代わりに"メリース・スピリット"を使ってみたりと、色々な試行錯誤をして失敗を経験した時代だったんだ。そんな中、勝ったのは新環境にマッチしたデッキたちだった。過去の栄光を引きずり、2級品で我慢しようとする私は敗た。新しく生み出されたデッキの面々は、当然その環境での1級品ばかりだった。
Nettletooth Djinnイラクサの牙のジン/Nettletooth Djinn
(3)(緑)
クリーチャー ジン
あなたのアップキープの開始時に、イラクサの牙のジンはあなたに1点のダメージを与える。
4/4



ErhnamDjinnセラの天使







Melesse Spiritメリース・スピリット/Melesse Spirit
(3)(白)(白)
クリーチャー 天使 スピリット
飛行、プロテクション(黒)
3/3



次のテンペストでは、また大きな環境の変化が訪れる。手札が少ないと有利、という当時では考えられない環境がもたらされたんだ。2度目の"剣を鋤に"との決別は、私を大きく成長させてくれた。そう、受け入れろ!と気づいたんだ。マジックは教えてくれる。それは人生でも同じだ、とね。

新しいカード達は魅力的だけど、何度も自分を勝たせてくれたあのデッキ、あのカードが名残惜しい、だなんて言っていては時代に取り残されちまうってことさ。環境を受け入れる度量をもって、この先のマジックも人生も楽しんでいきたいものだね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイ助・リオンが引き続きウェザーライトを紹介!

うん、今回も俺が引き続きウェザーライトの紹介をするよ。トリ助の体調は良くなったみたいだけどな。病み上がりに無理させるのもどうかと思ってね。どれ、早速始めるかな。


ウェザーライトの空気を伝えるカード達

ウェザーライトのテーマとして、墓地利用というものがあってな。墓地のカードを追放することで様々な効果を発揮するカード達が多くデザインされていた。そんな中でもデッキとして成立した数少ないカード達を紹介しよう。決してかったわけではないが、そのセット『らしさ』が詰まったいいカード達だよ。


ぱっとしない『アーテイエイトグ』のパーツ達

Barrow Ghoul墳墓の食屍鬼/Barrow Ghoul
(1)(黒)
クリーチャー ゾンビ
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地の一番上のクリーチャー・カード1枚を追放しないかぎり、墳墓の食屍鬼を生け贄に捧げる。
4/4



Circling Vultures待ち受ける禿鷹/Circling Vultures
(黒)
クリーチャー 鳥
飛行

あなたは、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも、待ち受ける禿鷹を捨ててもよい。
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地の一番上にあるクリーチャー・カード1枚を追放しないかぎり、待ち受ける禿鷹を生け贄に捧げる。
3/2

まずは良く似たこの2枚を紹介しようかな。どうだい、分かりやすいクリーチャーだ。マナレシオが高いが、毎ターン墓地のクリーチャーを要求するというデメリットがキツイな。こいつらを使いこなすには、デッキに大量のクリーチャーと、上手いこと墓地を肥やしてやる必要があった。ウェザーライトにはそんなカードも盛り込まれていたよ。


Ertai's Familiarアーテイの使い魔/Ertai's Familiar
(1)(青)
クリーチャー イリュージョン
フェイジング
アーテイの使い魔がフェイズ・アウトするか戦場を離れたとき、あなたのライブラリーのカードを上から3枚、あなたの墓地に置く。
(青):あなたの次のアップキープまでアーテイの使い魔はフェイズ・アウトできない。
2/2

個人的にはウェザーライトを代表するカードだと思っているんだけど、きっと伝わらないだろうな。およそ青らしくない、墓地を肥やし用クリーチャーだ。さっき紹介した上の2枚と一緒に『アーテイエイトグ』デッキを組んで、近所の大会でそこそこの成績を残した覚えがあるよ。墓地肥やしパーツでありながら、自身がクリーチャーなのがいい感じだね。たまーにフィニッシャーとして活躍することがあって、相手が余計にくやしがってくれるのが嬉しかったな。



墓地利用はやっぱり黒だね!

Buried Alive生き埋め/Buried Alive
(2)(黒)
ソーサリー
あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを最大3枚まで探し、それらをあなたの墓地に置く。その後あなたのライブラリーを切り直す。

普通に使っても全くアドバンテージを生まない、まさにコンボ専用カードと言っていいだろう。ここまで極端なカードは初めてだったと思うな。ウェザーライト期での活躍よりも、オデッセイ再録後やその後のエクステンデッドのほうが実績があるかな。コストは3マナとやや重いものの、3枚同時っていう点が評価されるね。誤解を承知で言うと、状況によっては"Demonic Tutor"3枚分の仕事ができるんだからな。きっとこれからも活躍するだろうね。


Necratogネクロエイトグ/Necratog
(1)(黒)(黒)
クリーチャー エイトグ
あなたの墓地の一番上のクリーチャー・カードを1枚追放する:ネクロエイトグはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。
1/2

こいつはウェザーライトのクリーチャーだと一番活躍したと思うな。ちゃんと組んだデッキならワンパンでゲームを終わらせる力強さがあって、さっき紹介した『アーテイエイトグ』にも2枚くらい入れていたかな。nWo系でも1枚は必ず入っていた。"生ける屍"を打つ前にコイツが殴ってゲーム終了、なんて場面も多かったな。エイトグ全体で見ても、かなり活躍した方だな。


Spinning Darkness闇の旋動/Spinning Darkness
(4)(黒)(黒)
インスタント
あなたは、闇の旋動のマナ・コストを支払うのではなく、あなたの墓地にある黒のカードを一番上から3枚追放することを選んでもよい。
黒でないクリーチャー1体を対象とする。闇の旋動はそれに3点のダメージを与える。あなたは3点のライフを得る。

墓地利用系カードであり、ウェザーライト唯一のピッチスペルだな。本体にはダメージが入らないものの、ピッチスペルで3ダメージ、しかもインスタントという点はなかなか役立ったよ。4枚フル投入はしづらいところもあったけど、回復までできるから生打ちでも我慢できる性能だったね。



緑は緑らしく、3枚ともクリーチャーを紹介だ

Harvest Wurm収穫のワーム/Harvest Wurm
(1)(緑)
クリーチャー ワーム
収穫のワームが戦場に出たとき、あなたの墓地にある基本土地カードを1枚あなたの手札に戻さないかぎり、それを生け贄に捧げる。
3/2

緑の墓地利用は、土地限定だがうまく機能すればアドバンテージを得ながら高レシオなクリーチャーを展開できるっていう憎いヤツだ。ウェザーライトにはコイツの相棒があと2枚あって、連続で展開できると最高に気分が良かったな。それがこの2枚だよ。


Rogue Elephantはぐれ象/Rogue Elephant
(緑)
クリーチャー 象
はぐれ象が戦場に出たとき、あなたが森を1つ生け贄に捧げないかぎり、それを生け贄に捧げる。
3/3

まずはこいつを出して、墓地に森を送り込む。デメリットはでかいけど、序盤に3/3というサイズは、当時の環境だとかなりの脅威だからね。苦手な赤の火力には"巨大化"系で対抗する。緑単のブームを作った一枚ともいえる。もちろん"ラノワールのエルフ""収穫のワーム"あって何とかなるこのデメリットだ。


Fallow Wurm休耕地のワーム/Fallow Wurm
(2)(緑)
クリーチャー ワーム
休耕地のワームが戦場に出たとき、あなたが土地カードを1枚捨てないかぎり、休耕地のワームを生け贄に捧げる。
4/4

"収穫のワーム"の相方その2だ。さっきの"はぐれ象"ほどは使われなかったけど、3マナ4/4というサイズは良かったね。単体で火力に対抗できたし、前回紹介した"鋼のゴーレム"を突破できる。もちろん側面攻撃持ちの2/2クリーチャー達にも一方的に勝てる。バウンス系の少ない環境だったから活躍できたカード達だね。



それ以外の墓地利用カード達

Gaea's Blessingガイアの祝福/Gaea's Blessing
(1)(緑)
ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地にあるカードを最大3枚まで対象とする。そのプレイヤーは、それらを自分のライブラリーに加えて切り直す。
カードを1枚引く。
ガイアの祝福があなたのライブラリーからあなたの墓地に置かれたとき、あなたの墓地をあなたのライブラリーに加えて切り直す。

"ガイアの祝福"は墓地利用という言い方とは少し違うけど、墓地に着目したカードとしてとても有名なカードだな。"石臼"を使ったライブラリー破壊デッキは姿を消し、またエクソダス以降は悪名高い『オース』の必須パーツとして活躍しているな。イラストも人気で、アンコモンながらトレードでも活躍していたカードだった。


Firestorm炎の嵐/Firestorm
(赤)
インスタント
炎の嵐を唱えるための追加コストとして、カードをX枚捨てる。
X個のクリーチャーとプレイヤーの組み合わせを対象とする。炎の嵐は、それらにX点のダメージを与える。

赤は墓地利用のイメージがないけど、この"炎の嵐"は赤らしい墓地肥やしカードだな。しかし実際は、墓地利用なんて無関係な強さを誇り、これまた様々なデッキでよく使われていた。俺も大逆転劇を演じてくれたカードとして、すごく思い出深い一枚だね。手札4枚を捨てて相手のクリーチャーだけ全滅、しかも本体4ダメージ、フルアタックで勝利、って具合だ。特に土地事故からの立て直しには定評があって、相手がたった1マナでも油断できなかったな。



墓地利用以外は青いカードを紹介

Disrupt撹乱/Disrupt
(青)
インスタント
インスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを対象とし、それをそれのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、打ち消す。
カードを1枚引く。

不確定カウンターな上、対象も狭くてイマイチな感じだけど、環境によってはたった1マナでキャントリップまでついているという破格のカードとして活躍しているね。青同士のカウンター合戦を締めくくる一枚として、サイドボードから登場することもあった。今でももちろん、エターナルで"Force of Will"なんかを打ち消しているな。


Abduction誘拐/Abduction
(2)(青)(青)
エンチャント オーラ
エンチャント(クリーチャー)
誘拐が戦場に出たとき、エンチャントされているクリーチャーをアンタップする。
あなたはエンチャントされているクリーチャーをコントロールする。
エンチャントされているクリーチャーが死亡したとき、そのカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

コントロール奪取系カードは基本的に強いんだけど、このカードはなんとコンボデッキのパーツとしても活躍してしまったという過去を持っているな。6版再録のとき、ウルザズデスティニー"玉虫色のドレイク"というカードとのコンボで『玉虫アルター』というデッキを生み出している。もちろん、普通に使ってもそこそこ強かったから青系のデッキでは良く見かけたね。


Ophidian知恵の蛇/Ophidian
(2)(青)
クリーチャー 蛇
知恵の蛇が攻撃してブロックされないたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。そうした場合、このターン知恵の蛇は戦闘ダメージを割り振らない。
1/3

ウェザーライト最後を締めくくるのは、コイツにしようと決めていたよ。採用率の高さや後に与えた影響を考えると、ウェザーライトを代表するカードといっていいだろうね。後に様々な亜種が作られた、「通ればドロー」系の原点だ。"白騎士""黒騎士"をブロックできる、1/3というサイズもいい。回避能力なんかはまったくないから、正直なかなかカードを引くことは出来なかったね。ブロッカーを残させることで、相手の展開を遅くさせられるというのが実際の役割だったかもな。



さて、バイ助による初めての通常セット紹介と、ミラージュブロックの紹介はこれで終わりだけど、どうだったかな?もしまた機会があれば、もう少し個性が出せるように頑張ってみるよ。その日がくることを期待して、それじゃあな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイ助・リオンが普通にセット紹介

おや、驚いたかい?ああ、そうなんだ。弟が風邪を引いたって話でね。今回は俺がウェザーライトの話をすることになったよ。ミラージュブロックを締めくくるセットだが、ストーリー的にはミラージュ世界とは関係なくなっていたがな。飛翔艦ウェザーライト号の冒険を描く、壮大なストーリーの幕開けとなった記念すべきセットだ。じゃあまず、当然このカードから紹介だな。



ギザギザ・バイスケリオンのお披露目だ!


まずはアーティファクトのアンコモンを3枚紹介しよう。


Serrated Biskelionギザギザ・バイスケリオン/Serrated Biskelion
(3)
アーティファクト クリーチャー 構築物
(T):クリーチャー1体を対象とする。ギザギザ・バイスケリオンの上に-1/-1カウンターを1個おき、そのクリーチャーの上に-1/-1カウンターを1個置く。
2/2


早速、ウェザーライトの人気を支えた最強カードから紹介だ。出来の悪い”トリスケリオン”とは違い、ダメージではなく-1/-1カウンターという点が凄いだろう?たった3マナでキャスト可能で、速攻系デッキでも採用可能という点も見逃せないな。その上、ケチな”トリスケリオン”とは違いアンコモンという大盤振る舞いだ。当時はほとんどのデッキで、・・・いや、多くのデッキで、見かけられていたよ。時折、だがな。



Steel Golem鋼のゴーレム/Steel Golem
(3)
アーティファクト クリーチャー ゴーレム
あなたはクリーチャー呪文を唱えられない。
3/4




"ギザギザ・バイスケリオン"ライバルだったアーティファクト・クリーチャーがこの"鋼のゴーレム"だな。突拍子もないデメリットで最初は敬遠されていたが、側面攻撃持ちを一方的に屠り、かつ"火葬"で落ちない3/4というサイズには価値があった。コントロール系デッキで活躍して、特に『ユーロブルー』と呼ばれた青単デッキでの戦線維持に欠かせない存在だったな。



Phyrexian Furnaceファイレクシアの炉/Phyrexian Furnace
アーティファクト
(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地の一番下のカードを追放する。
(1),ファイレクシアの炉を生け贄に捧げる:いずれかの墓地にあるカード1枚を対象とし、それを追放する。カードを1枚引く。



ウェザーライトは墓地をリソースとして用いる、というテーマがあったため、その対策として"ファイレクシアの炉"が重用されたな。軽量な上、ドロー効果のお蔭で腐らないから、速攻系以外であればメインボード採用もあった。墓地利用系のデッキが増えたものの、主な対策相手はやはり"ボガーダンの鎚"だったわけだがな。




無色のカードをもう3枚


他にも知っておくべき無色のカードがあと3枚あるな。

NullRod無のロッド/Null Rod
(2)
アーティファクト
アーティファクトの起動型能力は起動できない。





テキストがシンプルだな。当時も強かったが、今はエターナル環境で猛威を奮う、ウェザーライトのトップレアだ。これ1枚で完封できるデッキは数多い。特に『親和』デッキではマナすら供給されなくなってしまう。Moxを持っていなくても、コイツ」さえあればヴィンテージでもそれなりに遊べるかもな。



Mind Stone精神石/Mind Stone
(2)
アーティファクト
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(1),(T),精神石を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。




後に第10版でアンコモンとして再録された”精神石”だが、ウェザーライトではコモンとしての収録だった。後半に引いてもドローに変換できるため、使い勝手が良く色んなデッキで見かけたな。アイスエイジ時代と比べて環境が早くなってきたところだったからな。俺も白メインの低速デッキに入れていた覚えがある。1ターン早く"神の怒り"が打てるのは魅力だったからな。



Gemstone Mine宝石鉱山/Gemstone Mine
土地
宝石鉱山は、その上に採掘カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
(T),宝石鉱山から採掘カウンターを1個取り除く:あなたのマナ・プールに、好きな色のマナ1点を加える。宝石鉱山の上に採掘カウンターが1個も置かれていない場合、宝石鉱山を生け贄に捧げる。


"宝石鉱山"ウェザーライトを代表するカードの一枚だが、コイツはアンコモンだった。当時流行していた『5CB』『5CG』では必須で、マナベースの安定を支えてくれた。悠長なデッキでは使いにくい面もある能力だけどね。採用率はかなり高くて「レアじゃなくて良かった」と心の底から思ったカードだね。その分、レアの土地はイマイチな性能だったな。




ウェザーライトは白優遇


さて、次はウェザーライトで一番強化された白いカード達を紹介しようか。まずはコモン、アンコモンからだ。

Empyrial Armor浄火の鎧/Empyrial Armor
(1)(白)(白)
エンチャント オーラ
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、あなたの手札にあるカード1枚につき+1/+1の修整を受ける。



白ウィニーの新時代を築き上げた立役者は、意外なことにオーラだったんだ。オーラカードで史上初といっていい活躍を残したんじゃないかな。有名なこのカードは、どんなクリーチャーでもあっという間にフィニッシャーにしてしまう。プレイング順序を良く考えないといけないのも楽しかったな。



Duskrider Falconダスクライダー/Duskrider Falcon
(1)(白)
クリーチャー 鳥
飛行、プロテクション(黒)
1/1




ビジョンズ紹介した"フリーウィンド・ファルコン"の弟分で、さっき紹介した"浄火の鎧"の相棒の一人でもあるな。黒に効くのはもちろんのこと、飛んでいるというのが"浄火の鎧"と相性が良かったな。いつの時代もプロテクション(黒)はプロテクション(赤)に勝てないものだが、メインとサイドに2枚ずつ、なんて運用をしていたかな。まあ、当時は黒よりも赤が強かったというのもあるかな。



Gerrard's Wisdomジェラードの知恵/Gerrard's Wisdom
(2)(白)(白)
ソーサリー
あなたの手札にあるカード1枚につき、あなたは2点のライフを得る。





ビジョンズでの"火炎破"が登場してから、赤バーンが一気に強くなったからなのか、このカードがそんな状況に一石を投じたよな。たった1枚で火力2~4枚分の仕事をしてくれたからな。盤面に影響を与えられないライフ回復系のカードは弱い、という常識を覆した歴史的なカードだ。赤バーンの衰退とともに見かける機会も減った、環境に助けられたいいカードって感じだな。



Aura of Silence沈黙のオーラ/Aura of Silence
(1)(白)(白)
エンチャント
あなたの対戦相手が唱えるアーティファクト呪文とエンチャント呪文は、それを唱えるためのコストが(2)多くなる。
沈黙のオーラを生け贄に捧げる:アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。


白同士ではどっちが先にこれを貼るかが勝負、なんてことも多かった。先に貼って"ハルマゲドン"の流れは実に気分が良かったな。当時はメインボードでも対象が多かったから、そんな光景がよく見られた。特にテンペスト以降だと、"解呪""沈黙のオーラ"を2枚ずつ、なんてメインボードもあり得た環境だった。



最後は白いレアを紹介

白はレアも面白いカードが多かったな。


Serenity静寂/Serenity
(1)(白)
エンチャント
あなたのアップキープの開始時に、すべてのアーティファクトとすべてのエンチャントを破壊する。それらは再生できない。




"解呪""沈黙のオーラ"さえも面倒なら、こいつの出番だな。派手な能力に軽いコスト、その代わりに1ターン遅れての起動という、なかなか面白いカードだ。流石にサイドボードでしかお目にかかれなかったが、コストの安さを買われてエターナル環境でもたまに見かけるらしいな。



Abeyance中断/Abeyance
(1)(白)
インスタント
プレイヤー1人を対象とする。ターン終了時まで、そのプレイヤーはインスタント呪文とソーサリー呪文を唱えられず、マナ能力でない起動型能力を起動できない。
カードを1枚引く。


登場した当時は今とルールが違ってマナ能力も使用不可だったため、『ターボアベイヤンス』というロックデッキが生まれてしまった。テンペストで登場する"プロパガンダ"と合わせると、クリーチャーのアタックさえ封じ込められた。しかもキャントリップ付き。あぁ、このウェザーライトからキャントリップが解決時になったんだよな。それまでは次のアップキープにカードを引いていたため、しょっちゅう引き忘れがあったんだ。



Peacekeeper平和の番人/Peacekeeper
(2)(白)
クリーチャー 人間
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(1)(白)を支払わないかぎり、平和の番人を生け贄に捧げる。
クリーチャーは攻撃できない。
1/1


最後はクリーチャーを紹介。とはいっても、ほとんどエンチャントみたいな能力だ。当時やっと人気が出始めてきたストンピィへの強烈な対策カードが、コイツだったな。緑単や"剣を鋤に"を失った白単では対処が難しく、そこで"ギザギザ・バイスケリオン"の出番だ!よし、上手く締められたな。



普通のセット紹介も、意外としっかりできるってことが分かってもらえたかな。もし次回も弟が治っていなかったら、引き続き俺がウェザーライトの後半を紹介しよう。みんなも風邪ひかないように、気を付けてな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジョンズ後半はコンボカードから

前回はビジョンズのコモンカードを中心に紹介したね。さて今回は、レア、アンコモンの紹介になるのだが、まずはコンボデッキのカード達から紹介していこう。


『プロスブルーム』完成す


Squandered Resources"資源の浪費/Squandered Resources"
(黒)(緑)
エンチャント
土地を1つ生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、生け贄に捧げられた土地が生み出すことのできる好きなタイプのマナ1点を加える。





Prosperity"繁栄/Prosperity"
(X)(青)
ソーサリー
各プレイヤーはカードをX枚引く。





ミラージュ少しふれた恐るべきコンボデッキ『プロスブルーム』は、ビジョンズの登場によって完成した。3ターンキル当たり前、コンボが始まれば、対戦相手は大人しく座ってミスがないか監視するだけ。そんな殺伐とした時間が世界中で繰り返された、戦慄すべき時代が始まったんだよ。
マナベースは"資源の浪費""自然の均衡"による爆発力により、3色デッキでありながら大量マナがあっという間に揃ってしまう。キーカードが多いにもかかわらず、大量マナからの"繁栄"により強引に揃えてしまう。しかも、不要なカードは"死体の花"によりマナに変換する、という美しいサイクルが実装されている。
当時はライフが0になってもフェイズの終了時にしか敗北チェックされない、というびっくりルールがあってね。"冥府の契約"連発でライフ0になっても、コンボが回って入れば20点の"生命吸収"で勝利、となったんだ。



もう一つのコンボデッキ


Sands of Time"時の砂/Sands of Time"
(4)
アーティファクト
各プレイヤーは自分のアンタップ・ステップを飛ばす。
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは同時に、自分がコントロールするすべてのタップ状態のアーティファクト、クリーチャー、土地をアンタップし、自分がコントロールするすべてのアンタップ状態のアーティファクト、クリーチャー、土地をタップする。



Equipoise"平衡/Equipoise"
(2)(白)
エンチャント
あなたのアップキープの開始時に、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールする土地が、あなたがコントロールする数を上回る1つにつき、そのプレイヤーがコントロールする土地を選ぶ。その後、選ばれたパーマネントはフェイズ・アウトする。この過程を、アーティファクトとクリーチャーについて繰り返す。

『プロスブルーム』の影に隠れてやや目立たない存在だったが、『サンドポイズ』というデッキもなかなかぶっ飛んだデッキだ。"時の砂"でアンタップを飛ばすことにより、"平衡"の効果でフェイズ・アウトしたパーマネントが戻ってこなくなる、というギミックだ。"ハルマゲドン"などで自分の土地を処分してロック完成だ。『プロスブルーム』ほどの安定感とスピードはないが、ミラージュブロック構築で”資源の浪費”が禁止になってからは活躍の機会が増えたんだ。



まだまだある、コンボパーツたち~アンコモン編~


Necromancy"ネクロマンシー/Necromancy"
(2)(黒)
エンチャント
あなたは、ネクロマンシーをそれが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。あなたがソーサリーを唱えられないときにそれを唱えた場合、それがなったパーマネントのコントローラーは、次のクリンナップ・ステップの開始時にそれを生け贄に捧げる。
ネクロマンシーが戦場に出たとき、それが戦場に出ている場合、これはエンチャント(ネクロマンシーにより戦場に出たクリーチャー)を持つオーラになる。墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出し、それにネクロマンシーをつける。ネクロマンシーが戦場を離れたとき、そのクリーチャーのコントローラーはそれを生け贄に捧げる。

少しややこしいルールテキストだが、インスタント・タイミングでも使えるリアニメイト・カードだ。当時のリアニメイトの常で、相手の墓地にあるクリーチャーでも対象にできる。今はヴィンテージで"世界喰らいのドラゴン"を墓地から拾ってくる重要なコンボパーツとして活躍している、息の長いアンコモンだ。


Helm of Awakening"覚醒の兜/Helm of Awakening"
(2)
アーティファクト
呪文は、それを唱えるためのコストが(1)少なくなる。





相手も恩恵を受けてしまう点が問題だが、その能力から様々なコンボデッキで補助的な役割を担ってきた、マナ加速系のアンコモンだ。特徴的なのは、手数が多ければ多いほど出力を増していく点だろう。この点を活かしたコンボデッキが『Sensei, Sensei』で、"師範の占い独楽"と組み合わせることで0マナドローのサイクルを形成する点が恐ろしいね。



まだまだある、コンボパーツたち~レア編~


Chronatog"時エイトグ/Chronatog"
(1)(青)
クリーチャー — エイトグ(Atog)
(0):時エイトグはターン終了時まで+3/+3の修整を受ける。あなたの次のターンを飛ばす。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。
1/2


"停滞"との相性抜群のコンボパーツは、珍しくクリーチャーだった。これだけで維持費の心配も自分のライブラリが尽きる心配もなくなるわけだから、まさに一石二鳥だ。天敵は"火炎破"で、能力起動にレスポンスされるとあえなく死んでしまうという問題があった。こうした面からも、ビジョンズはバランスを良く考えられたいいセットと言えるかもしれないね。


Natural Order"自然の秩序/Natural Order"
(2)(緑)(緑)
ソーサリー
自然の秩序を唱えるための追加コストとして、緑のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから緑のクリーチャー・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


『nWo』は元々、このカードを軸にしたコンボを盛り込んだデッキの名称だった。しかしエクソダス以降は"適者生存"を軸にしたリアニメイトデッキの呼び名として定着した経緯があるね。アイデア次第で面白いことができるカードだから、いつも一定の人気があったよ。テンペスト発売以降は"新緑の魔力"が3ターン目に登場して、困らされたことがあったね。


City of Solitude"孤独の都/City of Solitude"
(2)(緑)
エンチャント
プレイヤーは、自分のターンの間にしか呪文を唱えられず能力を起動できない。




このカードはコンボパーツとしてではなく、コンボデッキが安全に手順を進めるために必要なカードだった。『プロスブルーム』のカウンター対策として重要な仕事を担っていたね。もちろん、緑系デッキのサイドボードでは常連のポジションだったよ。強力なのは間違いないのだが、あまりに露骨な能力だったから「マジックをつまらなくするカード」と呼んでいた覚えがあるなあ。マジックの醍醐味たる駆け引き要素が削がれるからね。




緑優遇のアンコモン・ラインナップ


Stampeding Wildebeests"暴走するヌー/Stampeding Wildebeests"
(2)(緑)(緑)
クリーチャー アンテロープ ビースト
トランプル
あなたのアップキープの開始時に、あなたがコントロールする緑のクリーチャーを1体、オーナーの手札に戻す。
5/4


マナ・レシオが高い代わりに、デメリット付きという典型的なクリーチャーの一つだ。CIP能力とシナジー形成する点が評価され、特にストロングホールドで登場した"花の壁"との相性が抜群だった。それ以前も"ウークタビー・オランウータン""根の壁"との相性が良く、実績のあるカードなんだ。CIP能力初出のビジョンズで既にこのシナジーが提供されていたという点には感服するね。


Creeping Mold"忍び寄るカビ/Creeping Mold"
(2)(緑)(緑)
ソーサリー
アーティファクト1つか土地1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。




当時はプレインズウォーカーがなかったから、クリーチャー以外は何でも壊せるという汎用性の高さが魅力的な一枚だった。ダブルシンボル4マナは安くないコストだが、いざという時は土地も壊せるという点は評価できるね。相手にアーティファクトもエンチャントも入っていない場合でも、手札に腐ってしまうことがないのは実に嬉しい。このお蔭でメインボード採用も多かったね。


Elephant Grass"エレファント・グラス/Elephant Grass"
(緑)
エンチャント
累加アップキープ(1)
黒のクリーチャーは、あなたを攻撃できない。
黒でないクリーチャーは、それらのコントローラーが自分がコントロールする、あなたを攻撃するクリーチャー1体につき(2)を支払わないかぎり、あなたを攻撃できない。

色対策カードでしかも累加アップキープが付いているにも関わらず、いまだにレガシー環境で活躍しているご長寿カードだ。キャスティングコストが1マナで、維持費も払いやすく、黒に至っては完封できるという点に加え、エンチャントであるため『エンチャントレス』での採用機会が多いんだ。もちろん、当時もサイドボードではよく見られる一枚だったね。



緑以外も忘れちゃいけないアンコモンがあった

Quicksand"流砂/Quicksand"
土地
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(T),流砂を生け贄に捧げる:飛行を持たない攻撃しているクリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-1/-2の修整を受ける。




土地にしてクリーチャー除去機能を持っている優秀なアンコモン。やや限定的ながら、タフネス-2という実力は見逃せない環境だったからね。ウィニー隆盛時代のバランスメーカーとして様々なデッキに投入された実績があるよ。テンペスト以降はシャドークリーチャー達に対しても効果的だったから、長い間トーナメントシーンで活躍した優良カードとなったんだ。


Viashino Sandstalker"ヴィーアシーノの砂漠の狩人/Viashino Sandstalker"
(1)(赤)(赤)
クリーチャー ヴィーアシーノ 戦士
速攻
終了ステップの開始時に、ヴィーアシーノの砂漠の狩人をオーナーの手札に戻す。
4/2


"ボール・ライトニング"に続く歩く火力たる"ヴィーアシーノの砂漠の狩人"は、当時の赤の隆盛を補助したアタッカーの一人だね。毎ターンマナがかかるものの、相手のターンには戦場にいないためにソーサリーで除去されない点が強みだ。ブラフ効果によってブロッカーを残させるという、目に見えない能力もあったんだ。




締めはこのレアたちを紹介


Rainbow Efreet"虹のイフリート/Rainbow Efreet"
(3)(青)
クリーチャー イフリート
飛行
(青)(青):虹のイフリートはフェイズ・アウトする。
3/1



当時、パーミッションのフィニッシャーといえばこの"虹のイフリート"だったね。除去耐性の高さが最大の魅力で、一度場に出てしまえば除去できない、という看板をしょっていた。数少ない苦手は緑と黒のギルドメイジ達だったよ。赤マナ起動のピンガー能力を起動されると黙ってフェイズ・アウトするしかなくてね。しかも解決時に戦場にいないので、起動した本人にダメージが入る事もない。まあ、"神の怒り""ネビニラルの円盤"を引くまでの話で、コイツが強力なのには変わりないがね。


Tithe"税収/Tithe"
(白)
インスタント
対戦相手1人を対象とする。あなたのライブラリーから平地カードを1枚探す。そのプレイヤーがコントロールする土地の枚数があなたよりも多い場合、あなたはあなたのライブラリーからさらに平地カードを1枚探してもよい。それらのカードを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。

"ハルマゲドン"とは使っても使われても相性がいいという、白い土地サーチカードの筆頭。平地限定であるものの、基本地形でない平地も持ってこられるからね。今でもエターナル環境で活躍しているよ。軽くて、インスタントで、打つと手札が増えるといういいとこづくめの実に渋いカードだ。土地事故回避能力としても強力だから、白ウィニーの土地比率低下にも一役かっていたね。




レアリティに関係なく強いカードが多いビジョンズはかなり売れたらしく、アライアンスほどではないものの比較的早い時期にブースターがプレミア価格になっていたよ。
"吸血の教示者""火炎破"のような、環境に大きな影響を与えるカードがある一方で、"税収""スークアタの槍騎兵"のような下支えに優れたカードもある。そしてCIP能力の登場もインパクトが大きかったね。こんな具合に多くの顔を持つビジョンズだから、人気セットとなったのも頷けるだろう。

次回はウェザーライトの紹介になるね。ミラージュブロックを締めくくるエクスパンションだ。どのカードから紹介したものか、じっくり考えさせてもらうよ。楽しみにしていてくれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ