ハルシオンのMTGブログ

MTGシングルカード通販ショップ「ハルシオン」のブログです。 http://mtg-halcyon.com/

カテゴリ: 番外編

新セット発売直後

今日の話は、アライアンスについての話をよく思い出してから聞いてもらった方がいいだろう。さて、第4版のトレードで少しばかりの教訓を得た私は、トレードに対し少し慎重になっていた。相手の言われるがままにトレードするのではなく、自分が本当に必要としているカードを交換すると決めていた。

今からするのは、ミラージュが発売された直後のある大会に参加した時の話だ。当時は日本語版に先立って英語版が発売されていた。私はまだ中学生で、英語を読むのに苦労していたね。あの稀代の強力セットたるアライアンスに続く、新セットの発売にはとても興奮してね。だから、日本語の発売まで待っていられなかったんだ。ミラージュのコレクションは少しだけだったが、買ったばかりのバインダーに並べて得意気だったものさ。

私が会場で自分のバインダーを眺めていると、鋭い目つきをした見知らぬ男が声をかけてきた。黒っぽい服装で、大学生くらいの風貌だ。その男がトレードをしよう、というのだ。その頃カウンターポストを作りたかった私は、彼の申し出を受けることにした。もちろん、言われるがままのトレードはしない、と心に誓った上でだ。彼はミラージュのカードに強い興味を示していた。ある青いカードを指し、このカードは出せるか、と尋ねてきたんだ。


まずはただならぬ雰囲気のカードから

Bazaar of Wonders"不思議のバザール/Bazaar of Wonders"
(3)(青)(青)
ワールド・エンチャント
不思議のバザールが戦場に出たとき、すべての墓地にあるすべてのカードを追放する。
プレイヤーが呪文を唱えるたび、それと同じ名前を持つカードがいずれかの墓地にあるか同じ名前を持つトークンでないパーマネントが戦場にある場合、それを打ち消す。

私「"Bazaar of Wonders"かぁ。これって明らかにレアだよね」
男「そうだね。何か欲しいカードはあるかい」
私「僕は今、カウンターポストを作りたいんだけど、ちっともカードが足りないんだ」
男「ああ、そうすると・・・そうだな。"Exile"なんてどうだい?」
私「"Exile"もいいけど、やっぱり"Kjeldoran Outpost"が欲しいな」
男「う、"Kjeldoran Outpost"か・・・ちょっと高いなぁ」
私「なんかこのカード、すごい斬新なロックデッキとか作れそうな感じだし」
男「そうだな、仕方ないか。分かった。"Kjeldoran Outpost"を出そう」
私「うん、ありがとう。他にも欲しいカードがある?」


漂白したいデュエリスト垂涎の一枚!

Celestial Dawn"天界の曙光/Celestial Dawn"
(1)(白)(白)
エンチャント
あなたがコントロールする土地は平地である。
あなたがオーナーである、土地ではなく戦場に出ていないカードと、あなたがコントロールする呪文と、あなたがコントロールする土地でないパーマネントは白である。
あなたは、白マナを好きな色のマナであるかのように支払ってもよい。あなたは他のマナを無色マナであるかのようにのみ支払ってもよい。

男「そうだな、この"Celestial Dawn"は興味があるね」
私「あぁ、それも何かすごそうだよね」
男「白単で色んなことができそうだからね。面白いデッキが作れそうだよ」
私「友達も欲しいって言ってたんだ。でも、あいつらいいカード持ってないから」
男「なるほど、早くも人気カードってわけか」
私「そうなんだ。だから、これとなら"Thawing Glaciers"でトレードしたいな」
男「確かに"Thawing Glaciers"と"Celestial Dawn"なら、きっと等価だろう」
私「じゃ、OKだね」
男「ああ」


美麗なイラストにはただならぬ魅力が!

Cycle of Life"生命のサイクル/Cycle of Life"
(1)(緑)(緑)
エンチャント
生命のサイクルをオーナーの手札に戻す:このターンにあなたが唱えたクリーチャー1体を対象とする。それはあなたの次のアップキープの開始時まで基本のパワーとタフネスが0/1である。あなたの次のアップキープの開始時に、そのクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。

男「この"Cycle of Life"は、イラストがいいよね」
私「うん、キレイだよね。+1/+1カウンターがどんどん増えるってすごそうだし」
男「これは出せるかい?」
私「うん、いいよ。でも、それに見合うカードって何かな・・・」
男「この"Lodestone Bauble"はどうだい?カウンターポストのサイドボードで良く見かけるよ」
私「あ、知ってる!ちょっと地味だけど、いいカードだよね」
男「これは持っているかい?」
私「1枚もないよ。確かに必要だね」
男「よし、交換しよう」
私「ありがとう」


サイドボードで見たことはあった

Chaosphere"混沌界/Chaosphere"
(2)(赤)
ワールド・エンチャント
飛行を持つクリーチャーは、飛行を持つクリーチャーのみブロックできる。
飛行を持たないクリーチャーは、到達を持つ。

私「あ、イラストならこの"Chaosphere"インパクトあるよ」
男「お、確かにこれはちょっと欲しいな」
私「これも"Bazaar of Wonders"と同じエンチャント(ワールド)だね」
※エンチャント(ワールド)は当時のカードタイプ。
男「確かにエンチャント(ワールド)らしい、なかなかぶっ飛んだ効果だね」
私「これも出せるよ。でも・・・」
男「ん、どうしたの」
私「あとレアで欲しいのは"Helm of Obedience"くらいなんだよね」
男「うぉ、"Helm of Obedience"だとさすがにきつい・・・」
私「じゃ、あとは"Force of Will"が足りないんだ」
男「"Force of Will"なら、アンコモンだからいいよ」
私「レアとアンコモンのトレードだから、2枚出せる?」
男「うーん、まあいいだろう」


万能サーチ!しかも5枚!ただちょっとチンタラし過ぎた!

Mangara's Tome"マンガラの秘本/Mangara's Tome"
(5)
アーティファクト
マンガラの秘本が戦場に出たとき、あなたのライブラリーからカードを5枚探し、それらを裏向きのまま束にして追放し、その束を切り直す。その後あなたのライブラリーを切り直す。
(2):このターン、次にあなたがカードを引く代わりに、マンガラの秘本によって追放された束の一番上のカードを1枚あなたの手札に加える。

男「ん、なんだこのカード?初めて見た」
私「あ、それは・・・」
男「え、これ1枚で"Demonic Tutor"5枚分の効果!すげえ!」
私「それ、後で使おうと思ってたんだよね」
男「そうなのか・・・残念。確かに強そうだからなぁ」
私「ごめんね」
男「あ、さっきの"Helm of Obedience"とならどうだい?」
私「"Helm of Obedience"かあ・・・それならいいかな」
男「無理を言ってすまないね」
私「いいんだ。お蔭でだいぶデッキが出来上がってきたよ」


「え?レアなの?」と言いたくなるカード達

男「カウンターポストをやるなら、この"Dissipate"は必要なんじゃないかな」
私「あ、確かに・・・まだ1枚しかないや。アンコモンだよね?」
男「そう。もし必要なら3枚出せるけど」
私「え、いいの?ミラージュのカードなのに?」
男「たまたま引きまくって、これだけ余ってるんだよ」
私「そうなんだ。でも、僕のバインダーに見合いそうなカードがないなあ」
男「カスレアと1対1ならどうだい?」
私「それは助かる!」
男「じゃ、3枚カスレアを選ぶね」

Brushwagg"ブラッシュワグ/Brushwagg"
(1)(緑)(緑)
クリーチャー — ブラッシュワグ
ブラッシュワグがブロックするかブロックされた状態になるたび、それはターン終了時まで-2/+2の修整を受ける。
3/2




Leering Gargoyle"抜目ないガーゴイル/Leering Gargoyle"
(1)(白)(青)
クリーチャー ガーゴイル
飛行
(T):抜目ないガーゴイルはターン終了時まで-2/+2の修整を受けるとともに飛行を失う。
2/2



Warping Wurm"ねじれのワーム/Warping Wurm"
(2)(緑)(青)
クリーチャー — ワーム
フェイジング
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(2)(青)(緑)を支払わないかぎり、ねじれのワームはフェイズ・アウトする。
ねじれのワームがフェイズ・インしたとき、その上に+1/+1カウンターを1個置く。
1/1


男「ミラージュのコンプリートに、こいつらが必要なんだ」
私「やっぱり・・・」
男「ん、どうしたの?」
私「いや、やっぱりこいつら、レアなんだね」
男「ああ、残念だけど、ね」
私「・・・信じたくなかったけど・・・。残念だよ」
男「アンコモンと1対1ですまないが、トレードしていいかな」
私「もちろん。お礼を言うのはこっちだよ」
男「お蔭でコレクションが充実したよ」
私「早くコンプリートできるといいね」


まだまだある、レアらしくないレア達

私「そうだ、さっき"Excile"が出せるって言ってたよね」
男「あ、うん。そうだけど」
私「カスレア何枚か出すから、"Exile"出せない?」
男「ん、そうだな、じゃぁ・・・これでどう?」

Telim'Tor's Edict"テリムトーの勅令/Telim'Tor's Edict"
(赤)
インスタント
あなたがオーナーであるか、あなたがコントロールするパーマネント1つを対象とし、それを追放する。
次のターンのアップキープの開始時に、カードを1枚引く。




Rock Basilisk"岩バジリスク/Rock Basilisk"
(4)(赤)(緑)
クリーチャー バジリスク
岩バジリスクが壁でないクリーチャーをブロックするか、壁でないクリーチャーによってブロックされた状態になるたび、戦闘終了時にそのクリーチャーを破壊する。
4/5




Emberwilde Caliph"エンバーワイルドのカリフ/Emberwilde Caliph"
(2)(青)(赤)
クリーチャー ジン
飛行、トランプル
エンバーワイルドのカリフは可能なら毎ターン攻撃する。
エンバーワイルドのカリフがダメージを与えるたび、あなたは同じ点数のライフを失う。
4/4



Razor Pendulum"刃の振り子/Razor Pendulum"
(4)
アーティファクト
各プレイヤーの終了ステップの開始時に、そのプレイヤーのライフが5点以下である場合、刃の振り子はそのプレイヤーに2点のダメージを与える。




Teferi's Isle"テフェリーの島/Teferi's Isle"
伝説の土地
フェイジング
テフェリーの島はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(青)(青)を加える。




私「うーん、さすがに5枚はちょっと」
男「じゃ、"Exile"2枚だすよ」
私「え、それなら全然OKだよ」

男「今日はありがとう。充実したトレードができたよ」
私「こちらこそ。またトレードしようね」
男「ああ、ぜひ


トレードを振り返って

インターネットの情報もまだまだ未整備な頃には、こんなの良くある光景だった。別に私は意図してシャーク行為を行なったわけではないがね。明らかにいお互い納得していたし、このちょっと後に判明するカード価格でも"不思議のバザール/Bazaar of Wonders""天界の曙光/Celestial Dawn"はかなり高額だった。しばらくの間は、ね。一見派手な効果で、実はカスレア、という見事なカードデザインにみんなしてやられたというわけだ。


新セットが出た直後は、デッキビルダーと呼ばれる人種が最も活躍する時期だ。一見、箸にも棒にもかからなそうなカーたちを、見事なアイデアで一流カードに変える。そういった作業は当時から連綿と続いているね。だから、評価が確定する前のトレードはとても難しい。
Lion's Eye DiamondNatural Balance


一方、"ブラッシュワグ/Brushwagg"のような明らかなカスレアは、今ではほとんど見られなくなった。現在ではカスレアでも、もう少しレアらしい能力だ。当時はエクスパンション・シンボルが黒一色だったからね。最初見たとき、このパックにはレアが入っていない、と首をかしげたものだ。ミラージュではそんなの日常茶飯事だった。コモンやアンコモンの水準が高かったから、レア狙いでなければ良いセットなんだがね。


ミラージュの売れ行きはやはり悪かったのか、次のビジョンズではレアのカードパワーがかなり高くなった。アライアンスほどではなかったが、いくつかの新しいデッキを生み出し、後の環境に対し長く影響を与えたカードも多い。この辺りはいずれ、弟が詳しく話してくれるだろうさ。

バイ助・リオンの語りは続く!

フォールン・エンパイアの新説を知って「騙されていた!」と”ショック/Shock”を受けたという声は、私の耳に届いているよ。ああ、分かってるさ。今日はあのエクスパンション・・・ホームランドについて、その知られざる物語を明かそう。もし忘れているなら、よく思い出しておいてくれたまえ。

今から話す内容は衝撃的なものだが、動揺せず心して聞いてほしい。賢明な君はもう薄々気付いている、といった顔つきだね。そう、君の予想どおりだよ。ホームランドはその名の通り、マジック初の、野球を題材にした熱血スポ根エクスパンションだ!


ホームランドの真実を知れ!そして戦慄せよ!

Baron SengirDidgeridooセンギア学園不動の4番打者、"Baron Sengir"。前回のウルグローサ大学付属セラ学院高校との対決で完封された彼は、あの日以来血の滲むような特訓を続けていた。そしてある日、彼は究極のバット"Didgeridoo"を手に入れ、同時に究極の打法を体得する。


セラ学院のエース"Hazduhr the Abbot"から放たれる心眼の魔球"Prophecy"を攻略する準備が整ったとして、監督"Grandmother Sengir"は部員を率いてセラ学院の練習グラウンドである"Serra Aviary"に乗り込む。

“Prophecy”
(白)
ソーサリー
対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーの一番上のカードを1枚公開する。そのカードが土地カードである場合、あなたは1点のライフを得る。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。
次のターンのアップキープの開始時に、カードを1枚引く。

ProphecyHazduhr the Abbot突然の訪問者たちに練習の動き止めるセラ学院の面々。そう、まるで"Chain Stasis"でも打たれたかのように。しかしセラ学院の監督"Autumn Willow"は動じない。流石は猛者たちを率いる名将、伊達に被覆持ちではない。

彼女は「我々はいつでも準備が出来ている」と笑みを浮かべた。澄み切った"Winter Sky"のもと、戦いの火蓋は切って落とされたのだ。短かった"休戦/Truce"はここに終結したのだった。

Autumn WillowGrandmother Sengir







伝説達の激突!目の当たりにせよ!

ここで両校のラインナップを紹介しよう。

センギア学園(黒青赤)

1(中)情け知らずのエロン/Eron the Relentless
2(二)Chandler
3(三)Veldrane of Sengir
4(一)Baron Sengir
5(左)イーサンの影/Ihsan's Shade
6(遊)Irini Sengir
7(右)センギアの従臣/Sengir Autocrat
8(捕)Joven
9(投)Reveka, Wizard Savant
監督:Grandmother Sengir

ChandlerVeldrane of SengirIrini Sengir


セラ学院(白緑)

1(二)Willow Priestess
2(遊)Faerie Noble
3(中)Rashka the Slayer
4(捕)Aysen Crusader
5(右)Serra Inquisitors
6(一)アン=ハヴァの治安官/An-Havva Constable
7(左)Soraya the Falconer
8(三)Daughter of Autumn
9(投)Hazduhr the Abbot
監督:Autumn Willow

Serra InquisitorsDaughter of AutumnAn-Havva Constable


開戦直後から激しい動きが!

Reveka, Wizard Savant“Reveka, Wizard Savant”
(2)(青)(青)
伝説のクリーチャー ドワーフ ウィザード
(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。Reveka, Wizard Savantは、それに2点のダメージを与え、あなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。
0/1


センギア学園の先発、"Reveka, Wizard Savant"は並のバッターなら一撃で三振を取れる剛速球を持っていた。しかしその剛速球も2回に1球しか投げられないという虚弱性がたたり、初回からセラ学園に打ち込まれてしまう。特に1番、2番の緑フェアリー達は身体が小さすぎて、どんな球を投げてもストライクゾーンに入らない。お飾りの4番打者"Aysen Crusader""Soraya the Falconer"は三振としたものの、打者一巡の猛攻で初回に6点の大量リードを許す。


Faerie NobleWillow Priestess

一方、セラ学院の先発、"Hazduhr the Abbot"は、初回から魔球"Prophecy"を連発し、三者三振で初回を終える。さすがスロートリップ付き、アドバンテージを失わない上に1マナと軽い彼の魔球は連発が効く。手の内が読まれた状態で試合を進めざるを得ない不利な展開となった。1回の攻防が終わると"Grandmother Sengir"監督は、この日のために用意してきた秘策の実行を指示した。


かの天才、攻略の糸口を掴む

迎えた2回表。"Baron Sengir"からの打順である。魔球"Prophecy""Didgeridoo"がかすめたのだ!前回の試合ではかすりもしなかったあの魔球を、"Baron Sengir"は攻略しつつあった。この打席はファウルフライで終わったが、彼は確実に手ごたえを掴んでいた。呼吸を合わせれば、あの秘打が使える!しかしこの回は結局、三者凡退で終わる。


戦に勝つ者は、勝つ準備をした者だけである!

Ambush“Ambush”
(3)(赤)
インスタント
ブロックしているクリーチャーはターン終了時まで先制攻撃を得る。

既に6点差を有するセラ学院ナインの間に、少しの気の緩みがあったのかもしれない。知将"Grandmother Sengir"はそこを見逃さなかった。秘策その1、作戦"Ambush"だ。塁手がこっそりボールを持ち、不意にタッチアウトを取るという実に知将らしい作戦である。これによりフォアボールで出塁していたフェアリー達をベンチに送り返し、この回を0点で凌ぐ。秘策の成功に湧くセンギアの面々。それを見て"Autumn Willow"は怒り心頭に発す。「あんなスタンダードで使われたこともないヤツに煮え湯を飲まされるとは!」


forget“忘却/Forget”
(青)(青)
ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚捨てる。その後そのプレイヤーは、これにより自分が捨てたカードと同じ枚数のカードを引く。

"Grandmother Sengir"は攻撃面でも策を用意していた。作戦その2、"忘却/Forget"によって魔球の投げ方自体を封じる作戦だ。この作戦も上手くいき、徐々に点差を詰めていった。セラ学院は"Hazduhr the Abbot"に投手を頼り切っていたため、この作戦を打ち破れなかったのだ。4回を終えるまでに8-5となり、3点差まで追いつめていた。しかし"Baron Sengir"はあの魔球を攻略したいという思いから、監督への不信感を募らせていく。勝利にこだわる将、勝負にこだわる兵、であった。


熾烈な攻防の全てを今、君に明かそう!

Shrink

“縮小/Shrink”
(緑)
インスタント
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-5/-0の修整を受ける。

Joven焦りを感じ始めた"Autumn Willow"もここでついに動く。5回の攻撃、"Reveka, Wizard Savant"投球と同時に自軍の打者に"縮小/Shrink"をかけ、全てボウル扱いにしていった。これに猛抗議した"Grandmother Sengir"だったが、先に"忘却/Forget"を仕掛けた手前、抗議が受け入れられることはなかった。あっという間に満塁になり、万策尽きたと思われたときである。捕手の"Joven"が盗賊らしい持ち前の器用さで打者にこっそり"一角獣の饗宴/Feast of the Unicorn"を付けパワーを上げさせたことで、何とか危機を切り抜けた

Feast of the Unicorn“一角獣の饗宴/Feast of the Unicorn”
(3)(黒)
エンチャント オーラ
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは+4/+0の修整を受ける。




Roots“Roots”

(3)(緑)
エンチャント — オーラ
エンチャント(飛行を持たないクリーチャー)
Rootsが戦場に出たとき、エンチャントされているクリーチャーをタップする。
エンチャントされているクリーチャーは、それのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。


Giant Oyster“巨大カキ/Giant Oyster”
(2)(青)(青)
クリーチャー カキ
あなたは、あなたのアンタップ・ステップに巨大カキをアンタップしないことを選んでもよい。
(T):タップ状態のクリーチャー1体を対象とする。巨大カキがタップ状態であり続けるかぎり、それはそれのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。また、あなたの各ドロー・ステップの開始時に、そのクリーチャーの上に-1/-1カウンターを1個置く。巨大カキが戦場から離れるかアンタップ状態になったとき、そのクリーチャーからすべての-1/-1カウンターを取り除く。
0/3

その後も激闘が続く。セラ学院が守備でベースに"Roots"を潜ませ走塁妨害したかと思えば、センギア学園側はさらに悪質"巨大カキ/Giant Oyster"で対抗。センギア学園にホームラン級の当たりが出ても、到達持ちの"Rashka the Slayer"やファルコン使いの"Soraya the Falconer"が手下を使って捕球してしまう。セラ学院は足で得点を狙うが、走路を"Jinx"で沼に変えられてしまい、思うように走者を進められない。そんな泥仕合を様を呈していく中、3点差のまま9回裏、最後のセンギア学園の攻撃を迎えるのであった。

jinx“Jinx”
(1)(青)
インスタント

土地1つを対象とする。それはターン終了時まで、あなたが選んだ基本土地タイプ1種になる。
次のターンのアップキープの開始時に、カードを1枚引く。


Soraya the FalconerRashka the Slayer






そして物語は佳境へ!

2アウト満塁まで来たところで、ついに手持ちの"忘却/Forget"が尽きる。ソーサリーであるが故、"商人の巻物/Merchant Scroll"でも持ってくることができない。万策尽きたその打席、バッターボックスに立つのはかの"Baron Sengir"であった。やっと正面からあの魔球"Prophecy"を打ち崩せるチャンスが巡ってきたのだ。相対する両雄、球場全体が緊張に包まれる。魔球がホームベースを目がけて突き進む。振りかざされる"Didgeridoo"は、無情にも空を切り裂く――しかし!


Broken Visage“影写し/Broken Visage”
(4)(黒)
インスタント
アーティファクトでない攻撃しているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。そのクリーチャーのパワーとタフネスを持つ、黒のスピリット・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。次の終了ステップの開始時にそのトークンを生け贄に捧げる。

"Baron Sengir"はここで最後の大技秘打"影写し/Broken Visage"を仕掛けていた!影写しとなったスピリット・トークンの二の太刀がついに魔球を真芯で捉える。流石は5/5クリーチャー、パワー5以上のクリーチャーが6体しかいないホームランドにあって、さらにここは"Serra Aviary"なのだ。+1/+1された彼の打球を止めることは誰にもできず、劇的なサヨナラ満塁ホームランだった。

Serra Aviary

"影写し/Broken Visage"のトークンが帰還すると、打席に倒れこんだ本体の"Baron Sengir"の周囲に選手たちが集まっていた。吸血鬼を再生させる能力を持った彼だったが、唯一自分だけは再生できないのだった。その命と引き換えに決勝打を放った彼は母校の英雄として讃えられ、その苛烈な試合を題材としたエクスパンションが作られるに至ったのである。


バイ助の結び

どうだろう?ホームランドに秘められた物語はこれでおしまいだ。あのセットにはリアにメイト系カードがなかったからね。"Baron Sengir"8マナクリーチャーらしい重厚なシナリオ、楽しめていただけたと思う。これからも様々なエクスパンション秘話を披露し、正しいマジックの姿を少しでも明らかにしていければと思っているよ。

第4版の頃のトレード事情

部屋を整理していたら懐かしい日記が出てきたよ。そこには第4版が出て間もないころ、ある大会でトレードをした記録が書かれていたんだ。あの頃は日本語版がない上に、インターネットでの情報収集もできなかったからね。レアリティさえ分からない混沌とした状況の中で、本当に自分が使いたいカードをトレードする、というある意味正しいトレード環境だった。この日記を頼りに当時の記憶を呼び覚まして紹介しよう。今回登場する第4版のカードについては、一部以前話題に出ていた覚えがあるから、思い出しながら聞いてほしい。


初参加の大会にて

その日、私はマジックの大会に初参加し、友人以外とトレードするのは初めてだった。その頃私はメインの赤緑デッキと、サブの青黒デッキを使っていた。もっとも、デッキのアーキタイプという概念さえなく、適当に強そうなカードや使ってみたいカードを突っ込んだだけの、今から思えば紙の束だ。私が試合開始前に会場でカード整理をしていた時、一人の見知らぬ男が近づいてきてこう言った。「良かったら君のカードを見せてくれないか?カードを交換しよう」

デッキを強化するためには新しいカードが必要だと考えていた私は、戸惑いながらもその申し出を受け入れた。カードファイルも持っていなかったため、その若い男は私のカードボックスのカードを端から見だした。一方で私は男のカードファイルを見る。初めて見るカードが多くてね、ワクワクしたものさ。当時の私は知らないカードのイラストを見るだけでも新鮮で楽しい、といった純真無垢な少年だったんだ。

私が物珍しげに彼のカードを眺めている間に、その男は私の数百枚のカードをあっという間に見終え、その中から何枚かのカードをピックアップしていた。「俺が欲しいのはこのカード達だ。この中でトレード出来ないものはあるかい?」男はそう言うと、私の前に数枚のカードを並べた。その箱には今デッキに入れていないカードだけが入っていたので、出せないカードはないと答える。彼は満足げに欲しいカードを選んでくれ、と言った。まだ中学生だった私は英語を訳すのも一苦労で、強いクリーチャーが欲しい、とか、面白いカードを使ってみたい、とか曖昧な希望を伝えた。


初トレード、始まる!

ハルマゲドン男「まず俺が欲しいのはこの"Armageddon"だ」
私「ああ、白は使ってないから別にいいよ。それって強いの?
男「自分の土地も壊れてしまうからね。はっきり言って使いにくいカードだね」
私「じゃあなんでそんなカードが欲しいのさ?」
男「友達が黒緑の"Kormus Bell""Living Lands"のデッキを使っているから、その対策にと思ってね」
私「それってどんなデッキなの?スゴイの?
男「ああ。自分の土地を1/1のクリーチャーに変えて殴ってくるという強烈なデッキなんだ。"Kormus Bell"は”沼”を、"Living Lands"は”森”をクリーチャーに変えてしまうというぶっ飛んだレアカードなんだ」
私「そりゃあ、スゴイね!」

Kormus Bell“コーマスの鐘/Kormus Bell”
(4)
アーティファクト
すべての沼(Swamp)は黒の1/1のクリーチャーである。それは土地でもある。




Living Land“生きている大地/Living Lands”
(3)(緑)
エンチャント
すべての森(Forest)は1/1のクリーチャーである。それは土地でもある。




男「ああ。だから俺は”Armageddon”のようなカードが必要なんだよ」
私「なるほど、分かったよ。えっと、代わりに何をもらおうかな・・・」
男「じゃあ、君の赤緑デッキにピッタリな、この"Hurr Jackal"はどうだい?」
私「えー、1マナ1/1かあ。弱そうだな」
男「確かにそうかもしれない。でもコイツは中々役に立つ能力を持っている」
私「どんな能力なの?」
男「君はregenerate(再生)持ちクリーチャーに苦しめられたことはないかい?」
私「ああ、あるある。友達の"Will-o'-the-Wisp(黒1マナ、飛行、再生の0/1。レア)"に、僕の"Craw Wurm(4緑緑、6/4バニラ、コモン)"が止められちゃうんだ。赤緑だとどうにもできないんだよね」
男「そんな時、この"Hurr Jackal"が活躍する。コイツはタップだけで対象クリーチャーの再生を禁止させられる!」
私「おお、スゴイ!」


あのアラビアン・ナイトのカードをもらえた!

Hurr Jackal“Hurr Jackal/ハール・ジャッカル”
(赤)
クリーチャー 猟犬
(T):クリーチャー1体を対象とする。このターン、それは再生できない。
1/1

男「しかもコイツはあのアラビアン・ナイト出身の再録カードなんだ」
私「アラビアン・ナイト?名前は聞いたことあるよ。昔のセットだよね?」
男「そう。あまりにも強力なカードが数多く収録されているため、今では入手困難で1パック買うだけでも1万円以上(当時)もするという、あのアラビアン・ナイトだ」
私「そうなんだ!スゴイ!」
男「"Hurr Jackal"はコモンのレアリティで収録されたのだが、強すぎたせいで第4版ではレアカードとして昇格再録させられた」
私「えぇ!そんなカードをくれるの?」
男「ああ。俺のデッキには他に再生対策があるからね」
私「嬉しい、やった!」


サバンナライオン男「そうか。じゃあこの"Hurr Jackal"は君の物だ!」
私「ありがとう!」
男「次はこの"Savannah Lions"が欲しいんだけど」
私「え、そんな何の能力もないクリーチャー、さっきのおまけにあげるよ!」
男「いやいや、それは悪いから、もう一枚"Hurr Jackal"を付けるよ」
私「え、やった!ありがとう!お兄さんいい人だね!」
男「1枚だけじゃ引けないと困るだろうからね」



緑では珍しいあの能力を持ったカードをゲット!

神の怒り男「さて、次に俺が欲しいのはこの"Wrath of god"だ」
私「あー、それかあ」
男「クリーチャーを全滅させられるカードだけど・・・確か白は使っていないんだよね?」
私「うん。自分のクリーチャーが一緒に死んじゃうなんて、まっぴらだよ」
男「これを使えばクリーチャーになった土地をまるごと始末できるからね。俺には必要なんだ」
私「ああ、確かに"Armageddon"だけだと不安だよね。いいタイミングで引けないと駄目だから」
男「そうなんだ。だからこのカードをトレードしてほしい」
私「いいけど今度は何をもらおうかな」
男「緑のクリーチャーなら、この"Timber Wolves"はどうかな?」
私「また1マナ1/1かあ。しかも能力がBanding(バンド)だけじゃん」
男「ところで、緑のBandingクリーチャーって見たことあるかい?」
私「そういえば初めて見たね。今まで見たのはみんな白かった」
男「そう。なぜだか分かるかい?」

Timber Wolves“森林狼/Timber Wolves”
(緑)
クリーチャー 狼
バンド
1/1

私「うーん、分からないや」
男「緑にBandingは強すぎるから、さ」
私「え、そうなの!?」
男「そう。だからコイツはレアなんだ」
私「そっか。緑のパワフルなクリーチャーがBandingで攻めて来たら、確かに強いもんね!」
男「ああ、そうさ。君の"Craw Wurm"と一緒に攻めてどんなに強い相手にブロックされても、Wurmは死なないね。しかもそれが赤緑デッキで実現できるんだ」
私「分かったよ!"Wrath of God"と交換しよう」
男「ありがとう」
私「これで僕のデッキは強化されたね!」
男「ああ、もちろんさ」


ついに登場!最強クリーチャー!

Nevinyrral's Disk私「ねえ、次は?次は?
男「ははは、そう慌てなくていいよ。次は"Nevinyrral's Disk"が欲しいんだ」
私「確かそれも僕のクリーチャーが死んじゃうんだよね」
男「そう。しかも、エンチャントやアーティファクトも破壊される」
私「あ、分かった!"Kormus Bell""Living Lands"も一緒に壊そうって魂胆だね!」
男「察しがいいなあ。君は将来きっと強いデュエリストになるね」
私「そうかな、えへへ」
男「そんな君に、このカードを紹介しよう」
私「す、スゴイ!10/10だっ!」
男「そう。これが最強クリーチャーの"Leviathan"だ!」

eviathan
“リバイアサン/Leviathan”
(5)(青)(青)(青)(青)
クリーチャー リバイアサン
トランプル
リバイアサンはタップ状態で戦場に出、あなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
あなたのアップキープの開始時に、島を2つ生け贄に捧げてもよい。そうした場合、リバイアサンをアンタップする。
リバイアサンは、あなたが島を2つ生け贄に捧げないかぎり、攻撃できない。
10/10

私「Trumpleまで持ってる!凄すぎ!絶対欲しい!
男「サブの青黒デッキがメインになってしまうかもしれないね」
私「うん、そうするよ!」
男「おまけにこのカードも付けよう」
私「なんだか気味の悪い絵だね。これは?」
男「この"Deathlace"があればたった1マナで"Leviathan""Terror(1黒、インスタント、黒でないクリーチャーを破壊。コモン)"から守れるぞ」
私「そうなんだ。やった!

Deathlace“死の色/Deathlace”
(黒)
インスタント
呪文1つかパーマネント1つを対象とする。その色は黒になる。





手ごわいアーティファクト対策も入手!

triskelion十字軍

男「俺はもうこれで十分だが、何かあるかい?」
私「え、もっとトレードしたい!実は青黒デッキのアーティファクト対策が何かないか探してるんだ」
男「ああ、そうか。確かに青黒デッキはアーティファクトが対策しづらいね」
私「そうなんだよ。弟のトリ・・・トリス・・・ええと」
男「ああ、"Triskelion"か。アレは中々強いからね。それならコイツを使うといい」
私「何?この伸びた金貨みたいなカードは?」
男「これは"Warp Artifact"というアーティファクトに着けるエンチャントだ」
私「ふうん、付けるとどうなるの?」
男「アーティファクトの持ち主が、毎アップキープに1点食らう」
私「ダメージを与えられるんだ!破壊するよりスゴイかも!」
男「ああ、そうさ
私「これがあれば"Triskelion"を出させたことを後悔させられる!」
男「うん。じゃあこのマナコストが似ている"Crusade"と交換しようか」
私「そうだね、エンチャント同士でもあるし」
Warp Artifact”Warp Artifact/歪んだ秘宝”
(黒)(黒)
エンチャント オーラ
エンチャント(アーティファクト)
エンチャントされているアーティファクトのコントローラーのアップキープの開始時に、歪んだ秘宝はそのプレイヤーに1点のダメージを与える。



こうして私は赤緑デッキでの大会参加を急遽変更し、青黒デッキで大会に臨んだ。結果は・・・まあ、推して知るべし、だ。マジックの奥深さ、トレードの世界の厳しさ、カードの強さとは何か・・・。様々なことを学んだ素晴らしい機会だった。今の君たちはネットで最新の情報を簡単に入手できて・・・ちくしょうめ!!!
念のため付け加えておくが、これらのトレードは全てレアカード同士のトレードであり、その点では公正なトレードだったといえるだろう。

バイ助・リオン登場!!!

やあ、出来の悪い弟が世話になっているらしいね。私は「バイ助・リオン」。そう、リオン3兄弟の次男であり、あの「トリ助・リオン」のだ。最近あいつがマジックの下らない与太話を垂れ流していると知ってね。中途半端な知識を披瀝してみんなに混乱を招いているのでは、と兄として心苦しい限りだ。だから今日は、そんな弟の話をしっかりと訂正し、正しい情報をお届けしようと思っている。少々お付き合い願えるかな。まずはフォールン・エンパイアについて私の知る限りの情報をお伝えしよう。

フォールン・エンパイアの知られざる物語

Hand of Justice"Hand of Justice"
(5)(白)
クリーチャー アバター
(T),あなたがコントロールするアンタップ状態の白のクリーチャーを3体タップする:クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
2/6

フォールン・エンパイアはサーペイディア諸帝国を舞台とした史上初の『料理バトル・エクスパンション』だ。かつて帝国史上最高の料理人と謳われた"Hand of Justice"の苦難と成長を描いている。

Ruins of Trokair彼の芸術的ともいえる料理は、多くの仲間たちと一丸となって調理することによるいわば『ウィニー料理』にあった。しかし周囲から天才と持てはやされるうちにそれを忘れ、行き過ぎた増長が己の首を絞めることとなる。仲間を手下のように扱い、ついには見捨てられ失意のうちに料理界を後にしており、"トロウケアの廃墟/Ruins of Trokair"で隠遁生活を送っていたのだ。



Seasingerそんな中、事件は起こる。かつての絶頂時代の恋人"海の歌姫/Seasinger"が暴虐な美食家"オーグ/Orgg"に誘拐されるところからストーリーは始まるのだ。

愛する人(魚)のために

"オーグ/Orgg""海の歌姫/Seasinger"を返してほしければ、最高の料理を食べさせろ、と彼を脅迫する。"Hand of Justice"(2/6)では"オーグ/Orgg"(6/6トランプル)を止めることはできなかった。

Orgg"オーグ/Orgg"
(3)(赤)(赤)
クリーチャー オーグ
トランプル
オーグは、防御プレイヤーがパワーが3以上のアンタップ状態のクリーチャーをコントロールしている場合、攻撃できない。
オーグはパワーが3以上のクリーチャーをブロックできない。
6/6


一人の力では何もできない事を痛感していた彼は、"海の歌姫/Seasinger"を救い出すため仲間集めを始める。田舎者のゴブリンやオークに珍しい都会の料理を振る舞い懐柔する作戦に出たが、これは上手くいかなかった。彼らはあっさり手下にはなったものの、彼の指示どおりに動くだけの知能がなかったのだ。白クリーチャーでないと能力が起動できない"Hand of Justice"悲哀を見事に表現した名シーンだ。

仲間を求めて

Icatian Lieutenant白クリーチャーを求めてアイケイシアの街に舞い戻った彼は、かつて仲間だった兵士クリーチャー達を訪ねて回った。しかし彼らは、自分たちをこき使う"Hand of Justice"よりも、自分たちを強化してくれる"Icatian Lieutenant"に心酔していた。アバターと兵士、クリーチャータイプの溝は深かった。

Icatian Moneychangerもたもたしていては"海の歌姫/Seasinger"が危ない。彼は最後の手段に出た。"Icatian Moneychanger"から融資を受け、金の力"アイケイシアの都市/Icatian Town"で市民トークンを雇い入れたのだ。これで頭数はそろった。次は食材集めだ。



Icatian Town"アイケイシアの都市/Icatian Town"
(5)(白)
ソーサリー
白の1/1の市民クリーチャー・トークンを4体戦場に出す。




ライバルの登場

Elvish Farmer最高の食材を手に入れるため、彼は森にやってきた。食材を発酵させる胞子をもらいに、久しぶりに"Elvish Farmer"と会いに来たのだった。"Elvish Farmer"は後ろの市民トークンの数を確認すると、快く昔馴染みの申し出に応じた。

Thelonite Monk

この時"Hand of Justice"は、偶然同席していた森の料理人"Thelonite Monk"にも"海の歌姫/Seasinger"のことを話してしまう。"Thelonite Monk"自慢の包丁捌きを武器に、"オーグ/Orgg"を満足させる料理を作り、自分こそが"海の歌姫/Seasinger"を助け出すのだ、と"Hand of Justice"挑戦状を叩きつける


Orggの秘密

Dwarven Armorerそんな"Thelonite Monk"の包丁捌きを目の当たりにした"Hand of Justice"は、自分の包丁では勝てない、と危機感を募らせる。そこで、最高の包丁を新調するため"Dwarven Armorer"の工房に足を運んだ。

最初は「皮膚の色が気持ち悪い」という理由で彼の申し出を断った"Dwarven Armorer"だったが、市民トークン達も一緒に頭を下げだすと、慌てて包丁造りを承諾したのだった。きっとヒゲへの強いこだわりが二人の関係に、"ドワーフのカタパルト/Dwarven Catapult"の如く一石を投じたに違いない。

Zelyon Sword"Zelyon Sword"と銘打たれた    最高の包丁と最高の髭剃りを手に入れた"Hand of Justice"は、ここで"オーグ/Orgg"について情報を得る。同じ赤クリーチャー同士、"Dwarven Armorer""オーグ/Orgg"のことを良く知っていた。どうやら奴は、パワーが高いクリーチャーが大嫌いらしい、というのだ。




メニューを決めろ!

Deep Spawn"Hand of Justice"は悩んだ。当初考えていた料理は『"Deep Spawn"の酒蒸し』だった。しかし"Deep Spawn"は6/6だ。情報では"オーグ/Orgg"はパワー2以下が好物とのことなので、おそらく奴を納得させることはできないだろう。新たな食材が必要だった。

Ebon Praetor"Ebon Praetor"
(4)(黒)(黒)
クリーチャー アバター 法務官
トランプル、先制攻撃
あなたのアップキープの開始時に、Ebon Praetorの上に-2/-2カウンターを1個置く。
クリーチャーを1体生け贄に捧げる:Ebon Praetorから-2/-2カウンターを1個取り除く。生け贄に捧げられたクリーチャーがスラルである場合、Ebon Praetorの上に+1/+0カウンターを1個置く。この能力はあなたのアップキープの間にのみ、各ターンに
1回のみ起動できる。
5/5

そんな時、同じく引退したアバター調理師仲間"Ebon Praetor"から、最近漆黒の手教団内ではスラルという食材の人気が凄い、という情報を得る。新しい人気食材を料理してみたい、という料理人魂に火が付いた彼は様々なスラル食材を研究し、ついに『"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"の爆弾揚げ』という新メニューを生み出す。"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"は2/2なので、きっと"オーグ/Orgg"の口に合うはずだ。

Mindstab Thrull"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"
(1)(黒)(黒)
クリーチャー スラル
精神攪乱スラルが攻撃してブロックされないたび、あなたはそれを生け贄に捧げてもよい。そうした場合、防御プレイヤーはカードを3枚捨てる。
2/2


決戦、始まる

Rainbow Vale満を持して決戦の地"Rainbow Vale"へとやって来た"Hand of Justice"一行。そこには"オーグ/Orgg""海の歌姫/Seasinger"と共に、ライバルの"Thelonite Monk"も到着していた。アイケイシアの兵士たちや"Elvish Farmer"をはじめとした森のエルフ達も観戦に訪れていた。包丁職人の"Dwarven Armorer"や旧友の"Ebon Praetor"の姿もあった。その他帝国各地から多くの観戦者が押し寄せ、大いに盛り上がる雰囲気の中、熱い料理バトルの火蓋が切って落とされた


Goblin Grenade"ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade"
(赤)
ソーサリー
ゴブリンの手投げ弾を唱えるための追加コストとして、ゴブリンを1体生け贄に捧げる。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゴブリンの手投げ弾はそれに5点のダメージを与える。


Derelor調理中にも"Hand of Justice"をトラブルが襲う。揚げ油の樽を倒してしまいピンチに陥ったが、"デレロー/Derelor"の肝を搾って大量の油を入手することに成功した。"Rainbow Vale"から出る赤マナではスラルを揚げる火力が足りなかったが、そこは手伝いすらできなかったゴブリン達を次々と"ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade"で生贄にすることで凌ぐことができた。

Basal Thrull一方ライバルの"Thelonite Monk"も、同じスラル料理で対決に臨んでいた。目にもとまらぬ包丁捌きで『ヴォーデイリア風"Basal Thrull"のカルパッチョ』を調理していく。"Homarid"から抽出したエキスで作られたソースを、スラル肉の一番いいところにたっぷりと和える。美しい"Draconian Cylix"に盛り付けられた姿は、見た目にも食欲をそそる一品だ。

Draconian Cylix

最大の危機

何とか料理の完成に漕ぎ着けた"Hand of Justice"だったが、"オーグ/Orgg"は一向に箸を進めようとしない。なんと"Thelonite Monk"の予備食材の中に"Thrull Champion"がいたため、"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"2/2から3/3になっていたのだった。

一方"Basal Thrull"は元が1/2であったため、"Thrull Champion"影響下でも2/3である。"Hand of Justice"土壇場で窮地に立たされる。味では絶対に勝っているが、このままでは"オーグ/Orgg"に食べてすらもらえない。こんな事態になるなら"ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade"を一つとっておけばよかった。

Thrull Champion"Thrull Champion"
(4)(黒)
クリーチャー スラル
スラル・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(T):スラル1つを対象とする。あなたがThrull Championをコントロールし続けているかぎり、そのコントロールを得る。
2/2

"オーグ/Orgg""Thelonite Monk"の料理を食べ終え、お決まりのオーバーアクションで長々と味の評価をしているうちに、奇跡が起こった。このタイミングでアップキープステップがやってきたため、"Ebon Praetor"の上に-2/-2カウンターが置かれることとなったのだ。
既に引退していた"Ebon Praetor"は1/1までP/Tが落ち込んでおり、スラルを生贄に捧げない限り生き残れない体になっていた。"Thrull Champion"はこうして生贄に捧げられ、ギリギリのところで"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"は2/2に戻ることができた。

天才の一品、そして

"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"の爆弾揚げ』は天才と謳われた"Hand of Justice"の料理の中でも最高と言っていい一品だった。"オーグ/Orgg"がひと口食べただけで、"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"から独特な向精神性の肉汁があふれ出し、味覚だけでなく視覚や聴覚にも異常を引き起こす。さらに隠し味の爆弾"Aeolipile"が口腔内を激しく刺激する。

Combat Medic手札破壊3枚と2ダメージを両立したスペシャルメニュー"オーグ/Orgg"大満足、恍惚の表情で"Hand of Justice"の勝利を宣言した。が、ほどなくして"Combat Medic"の治療を受けるに至った。"オーグ/Orgg"のその後は、後遺症と禁断症状に悩まされることとなる。

Aeolipile"Aeolipile"
(2)
アーティファクト
(1),(T),Aeolipileを生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。Aeolipileはそれに2点のダメージを与える。



数々の仲間たちに助けられながら"海の歌姫/Seasinger"を奪還した彼は、この料理バトルの功績が認められ再び表舞台で活躍することとなった。"海の歌姫/Seasinger"ともよりを戻し、誓いの品として"Ring of Renewal"を送るシーンで感動的なフィナーレを迎える、というのがこのエクスパンションの大筋だ。Ring of Renewal

バイ助からの補足

聡明な諸君は当然お気づきと思うが、"精神攪乱スラル/Mindstab Thrull"のパワーを下げるシーンでは"ギザギザ・バイスケリオン/Serrated Biskelion"がいてくれれば話が早かった、ということ、さらにダメージを飛ばすしか能のない"トリスケリオン/Triskelion"ではパワーを下げられず役に立たなかったことを強調しておきたい。

Serrated Biskelion"ギザギザ・バイスケリオン/Serrated Biskelion"
(3)
アーティファクト クリーチャー 構築物
(T):クリーチャー1体を対象とする。ギザギザ・バイスケリオンの上に-1/-1カウンターを1個置き、そのクリーチャーの上に-1/-1カウンターを1個置く。
2/2



どんなシーンでも"ギザギザ・バイスケリオン/Serrated Biskelion"は有用であり、常にデッキに4枚入れるべきである、ということだね。よく覚えておいてくれたまえ。ではまたお会いしよう。

このページのトップヘ