ハルシオンのMTGブログ

MTGシングルカード通販ショップ「ハルシオン」のブログです。 http://mtg-halcyon.com/

カテゴリ: 雑記

MTGプレイヤーを増やすには?


初めまして。今回記事を書かせていただく『煉(LEN)です。

元々他方で執筆活動を行っていたのですが、今回ご縁があり、専属ライターとなりました。

と言ってもまだまだMTG修行中の身ですので是非是非いろんなことを教えて頂きたいです。

これから長い間お付き合いしていく仲となりたいことを思いながら、自己紹介も兼ねてMTGにハマったきっかけを書いていこうかと思います。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


私がMTGにハマったきっかけは遊戯王やデュエルマスターズが流行り始めた中で高校の友人達がMTGをやっていて見たことがない絵柄でかっこいい物が多くイラストに惹かれたのがファーストコンタクトでした。


そこで友人達に声をかけてみたのですが持ってきていたのは大会用の一軍デッキしか持ってきておらず、その日はMTGをプレイすることを断念しましたが次の日友人達がカードを持ち寄ってくれて全員ハウスルールの非公式フォーマットであるウィンチェスター・ドラフトデッキを組んだのを覚えています。


前日に私は端から見ていて、装着することで力を得る『エンチャント』の戦い方に惚れ、MTGにある初心者に向けて言われる名言の一つ『まず、森』を無意識的にやりながら緑白混色デッキを組んだのですが相性が良かったのかなかなかの戦績が残せたのが嬉しくてMTGにハマり、友人達に教わりながら色んな戦い方が出来るようになってスターターデッキ購入を決心。


それから友人達やカードショッププレイを重ねていくうちにエンチャントデッキの他にも戦略が噛み合えばサクサク勝てる勝利より、色んな戦略を楽しむ所謂ファンデッキプレイヤーとなっていきました。


MTGをやっていて分かることは

『古参が強い』

『戦略一つで使えなかったカードが使えるようになる』

事で、他のプレイヤーさんが自分ではわからなかったカードを使いこなしたりするのを見ると自分でも試したくなります。


現在は最近友人に使い方を教えて貰ったゾンビデッキとスリヴァーデッキを自分なりに鋭意作成中です。

気づけば長々と語っていたので自己紹介はここまでにしますね(・∀・;)

MTGの話ができると思うと嬉しくて嬉しくてたまらないんです!

こんな私ですが是非仲良くしてくださいね。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

さて、話題が少し変わりますが、『MTGプレイヤーをもっと増やしたい!』とあなたは思いませんか?私は常々思っています。でもなかなか難しいですよね。


MTGプレイヤーを増やすにはMTGに触れて貰い、楽しさを知ってもらうのが一番です。

そこで私が実行しているのは余ったカードを沢山集めておいて、私がMTGをプレイするキッカケとなったように、フォーマットウィンチェスター・ドラフトでプレイするという方法をとっています。


私がウィンチェスター・ドラフトを推すにはいくつか理由があって、、ウィンストン・ドラフトロチェスター・ドラフト等の他のドラフトフォーマットとは違い、ブースターパックを買うお金が要らない、寄せ集めカードOKのドラフトフォーマットだからです。


余っている使わないカードなら、MTGプレイヤーの方が大会等で普段使う大事なデッキの折れ曲がり等のカードの破損をあまり気にせずできますし、まだ興味を持っただけの人に体験でお金を使わせてしまい、手軽さにかけてプレイしにくいという問題を解消できます。


それに元々MTGプレイヤーの方も普段使わないカードでなおかつ運任せの引いてきたカードでデッキを組んで戦略を立てないといけないので強制的にいつもと違うデッキテーマで戦うことになり、知識以外はほぼ互角で戦うため良い勝負が出来るはずです。


更にはそこで初心者ならではの『あまり知らないけど良さそう!』という手探り戦法のといつもと違うデッキテーマで戦うことでまた新しいデッキテーマが思い浮かぶ事が多々あります。


そうすることで興味を持った方はMTGプレイヤーになって、元々MTGプレイヤーだった方は戦略の幅が広がるといういい事づくしだからなんです。


もしこの記事をみて『なるほど!』と思ったら即実行!そしてもっと簡単な方法を知っていたらぜひ教えて下さい!


皆で一緒にMTGプレイヤーをもっと増やしましょう!


それでは今日はこのへんで!(´・∀・)ノシ

このエントリーをはてなブックマークに追加

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今回はミラージュのカードについてちょっとした豆知識です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ミラージュは複数の印刷工場でまたがって刷られたため、
紙質等が異なっている
カードが多いようです。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
私自身ミラージュのカードは紙質などが異なるものが比較的多く見られ
検品には多大な時間を要していました。
何か原因が無いかと探していたところ、海外サイトでこの情報を発見しました。

MTGは最初、カルタ・ムンディ社のベルギー工場で製造されていたのですが、
その後、MTGがヒットし、恐らく輸送コストや時間削減のために
テキサス州ダラスに開設された同社の工場に移ったようです。

そして、ダラスの工場で刷られた最初のエキスパンションがミラージュでした。
最初ダラスで刷られたカードの品質には
・コーナーの丸みが異なる
・カードの耐水性に劣っている
等いくつか相違があり、それ以前にもベルギーミラージュは刷られていた為、
品質が異なる問題が生じたようです。

また、90年代の半ば頃にシェパード・プールマン社という会社と印刷契約を結んでいたという
情報がありました。
このあたりは2社で印刷されていたのか、一時的にシェパード・プールマン社と契約していたのか
よく分かりませんが、M:TG Archiveに下記の内容が記載されておりました。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
シェパード・プールマン・コミュニケーションズ社はインディアナ州インディアナポリスのある大規模商業印刷会社だった。
1990年代半ば、シェパード・プールマン社はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社とマジック用カード印刷の契約を結んだ。
シェパード・プールマン社は、第4版の中国語版を印刷し、さらに米国での販売を目的としてミラージュの一部を提供した。
同社が印刷したカードが入ったボックスには「Printed in USA by Shepard Poorman Corp(=シェパード・プールマン社により米国で印刷)」と印刷されている。
シェパード・プールマン社が印刷するカードの品質は批判にさらされてきた。
そのいくつかは、カルタ・ムンディ社印刷のカードと比較した問題点を報じている。
その問題点とは
同社のカードはインクが早く色褪せる、
配色が異なる、コーナーの丸みが異なる、
粉状の物質が付着している、
匂いがきつい
等々であるが、特に新品に青色の大きな「シミ」のような誤印刷が見られることで挙げられる。
シェパード・プールマン社印刷のカードの別の大きな特徴は、カードの表と裏の間の黒い接着剤の層にある。(カルタ・ムンディ社は青い接着剤を使用している。)
黒い接着剤の層は水溶性であるため、カードの耐水性に劣っている。
報道の中には、カードは、より「薄い」ような感じがするというものもある。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こちらに関しては更に詳しく調べて、可能であれば
画像付などで紹介できればと思っておりますので、また情報が入った際は投稿しますね。


追記

既に大分話題になっていますが、最近北米で発見されたフェイクについて
こちらでも情報をシェアします。(画像をクリック頂くと拡大されます。)

 0IthPVE0ADYCpN

どちらも上のカードがフェイクです。
見分けやすい所としては、「TM」や「C」の記号が妙にくっきりしていしたり、
文字間が離れすぎている等の部分になると思います。

こちらについてはBIGMAGIC様の記事でも紹介されておりますが、
海外フォーラムの情報によると、印刷サービスを提供している中国の会社は
警察から注意を受けたとのことで、MTGの印刷は既に停止したようです。
RuLPWip

とりあえず今後量産されることは無くなったようで一安心。
発見して情報を拡散してくれた方に感謝ですね。

主にアメリカのユーザーに向けて販売されていたようなので、
今現在は国内に出回っている可能性は低いかもしれませんが、
今後、国内に入ってきてしまうことも無いとはいえないので十分に気をつけましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ